タイトル

渋滞にもめげず・・・水上宝台樹へ

週末は水上宝台樹スキー場へ行ってきました。いろんな意味でハードな一日でした。

5:30に都内で同乗者二人をピックアップ後、いきなり関越の事故渋滞にはまり、水上ICにたどり着いたのは11時・・・。orz
既にこの時点でぐったりでしたが、そこからスキー場までは「セガラリー2」かと思うような険しい圧雪路が延々続き、スノードライブに恐怖心の強い自分はまた精神的にクタクタ。
幸い2シーズン目のスタッドレスはしっかりグリップしてくれて、何事もなく到着できました。
でもやっぱり雪道は苦手だ・・・。

スキー場に到着
スキー場に到着

道中ずっと粉雪が舞っていましたが、スキー場に着いても相変わらず降り続いていて止みそうにありません。(結局一日中降ってました) 唯一、風がないのが救いか。
テンションの低いまま準備をし、先に到着していた他の部員達と合流。
昼を過ぎていたので午後券を買ってようやく滑り出しました。

ちなみにこのスキー場に来るのは初めてです。
雪質はサラッとしていてとても良い感じ。
ただ下の方はかなり人が多かったので、途中からは中級コースをループしていました。
Yahooのスキー場情報によればスキー6:ボード4という比率でしたが、明らかにボーダーの方が多かったような。
あと自分がヘルメットを被っているのでつい見てしまうのですが、他のスキー場よりヘルメッターが少ない気がしました。(たまたまかな?でもこの日は一人くらいしか見なかった)

雪は止まず・・・
雪は止まず・・・

徐々にテンションも上がってきて、また軽い雪質なので転んでも痛くないという事で、思い切ってコブのある急斜面(当社比)を攻めてみたら案の定大転倒
初めてゴーグルを飛ばしました・・・。
転んだ弾みで後頭部をガーンと打ちましたが、ヘルメットのおかげで何ともなし。
やっぱりヘルメットは大事だな~。というか無茶しすぎた。反省。
その後も滑れなかった午前中の分を取り返すかように休憩なしで滑り続けていたら、意外と満足しました(笑)

帰りは湯檜曽(ゆびそ)という難しい地名の温泉街に立ち寄り、林家旅館の内風呂でほっと一息。
風呂はほとんど貸し切りでした。窓を開ければ川と雪が目の前に。いい雰囲気だなあ。
温泉の後は水上IC近くのレストラン亜詩麻でチキンのチーズオーブン焼き(1200円)をオーダー。
これがまたボリュームがあって味も最高でした。あ、思い出しただけで腹が・・・。
次回は看板メニューの「焼きカレー」をいただこう。

去年までは滑ったらすぐに帰ってましたが、今年は温泉→ご飯のパターンが定着してきたかも。
(いやむしろそっちが目的になりつつあるかも・・・)
【スノーボード】カテゴリーの記事

  1. 2008/01/27(日) 23:11:16|
  2. スノーボード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<デジカメを汗から守るには | ホーム | 胸突坂>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/209-068bc684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)