タイトル

TOKYOセンチュリーライドの詳細が明らかに

東京で開催される大規模ロングランイベント、TOKYOセンチュリーライドの申し込みが始まっていました。

・ 5/10開催
・ コースは葛西臨海公園をスタート・ゴールとし、荒川沿いに秋ヶ瀬までを往復する最長80km
・ 10kmごとにエイドステーション兼折り返し地点が設けられる
・ 募集人数は2000名(ハーフセンチュリー1500名、ファミリー500名)
・ 参加費は5000円

しばらく詳細が明らかにされていませんでしたが、フタを開けてみればコースは慣れ親しんだ荒川となったようで、確かに二千人を安全に走らせるには幅の広い河川敷道路が適しているのかもしれません。

ただちょっと気になる点もあります。

まずエントリーフィーが5000円と高いところ。
ファミリー向けの応募枠があるなど「気軽に楽しめるサイクルイベント」のイメージをアピールしているにもかかわらず、この価格設定には疑問を感じます。
計測チップをつけるせいかもしれませんが・・・(そもそも競技イベントでもないのに計測チップが必要なのかな)

次に20km/h制限があることと交通規制がないというところ。
荒川下流では歩行者と自転車との事故が多発していることから、最近になって制限速度20km/hのペイントや標識が立つようになりました。
従ってイベントの制限速度も20km/h、となったのだと思いますが・・・。

「一般道は危ないから河川敷道路」→「飛ばすと危ないから20km/h制限」→「歩行者が渡れないと困るからその都度停止」 ・・・
これって自転車の楽しみがどんどんスポイルされていっている気がします。
午前中だけでも「自転車天国」にできなかったのでしょうか。

例えば秋ヶ瀬をスタート・ゴールにして、より長く走りたい人は10名ずつくらいの集団に分けて上流の「健脚コース」へ、家族でのんびり走りたい人は下流の「ファミリーコース」へ、なんていう感じにすれば、速度差も生まれにくいし混雑も緩和できるのではないかと思いますが・・・。
ただそれだとSAITAMAセンチュリーライドになっちゃいますね(笑)
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2008/01/30(水) 09:45:47|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<自転車通勤、あと一か月 | ホーム | デジカメを汗から守るには>>


こんな大会にガサガサ参加するのが好きで一応妻と申し込みしました。次の週は佐渡ロングライドに参加予定です。puyanもいかがですか。
  1. 2008/01/30(水) 14:59:10 |
  2. URL |
  3. nebaneba #-
  4. [ 編集]

>nebanebaさん
あっ参加されるんですね。私は目下のところ佐渡ロングライドに出ようかかなり悩んでいます・・・。お財布と相談しながらという感じです。
  1. 2008/01/31(木) 00:16:27 |
  2. URL |
  3. puyan #kY8WcqRU
  4. [ 編集]

今年も佐渡は夫婦して参加することで妻は100キロ私は130キロにエントリーしました。去年はとても寒かったし夜行一泊は体にこたえました。その対策はしていきます。大勢でわいわい行くのも楽しいと主します。
  1. 2008/01/31(木) 10:01:31 |
  2. URL |
  3. nebaneba #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/211-77aabb04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)