タイトル

Carry-me 購入!

前から欲しいと思っていたCarry-meを買ってしまいました。

Carry-me
Pacific carry-me(Mercury Gray)

購入したのは日本橋のLORO SLOW SPOT
電話で「グレーの在庫ありますか?」と聞いたところ「あります」との返事があり、この機を逃すまいと取り置きをお願いしてさっそくお店へ。

LORO SLOW SPOT
LORO SLOW SPOT

東京駅から歩くこと10分。大通りから少し外れたところにあるお店に入るとBD-1などの小径車がズラリ。
その中にお目当てのCarry-me君がありました。
実車はサイクルモードで確認していましたが、改めて見ると意外と大きく感じます。
試乗は何回かした事があるので、折りたたみの手順だけレクチャーしてもらいました。
合わせてエアゲージ付ポンプ(TOPEAK POCKET SHOCK)と輪行用のカバーも購入。

折りたたんだ状態
折りたたんだ状態

お店を出て、とりあえず忘れないうちに1回折りたたんでみようと道端でやってみる事に。
手順は最初はちょっと煩雑に感じましたが、慣れてくると30秒もかからずできるようになりました。
ただしDAHONの折りたたみ自転車と比べると手数は倍くらい多いかも。

そしていよいよ初走行。今歩いてきた道を駅まで乗って戻ります。
ポジションは無理がないか、ギアの重さはどうか、どれくらいスピードが出せるか、歩道との段差はどうかなどをチェックしながら乗りました。

ポジションについては割と自由度が高いです。ハンドルの高さを好きな位置で固定できるので、ハンドルをやや低めにしてサドルを目いっぱい後退させると、そこそこスポーティなポジションが出せます。
ギアは最初の踏み出しがちょっと重いかなと感じるものの、走り出すと丁度いい。
スピードは体感で17~18km/hくらい出ているでしょうか。今度GPSを持って計ってみたいと思います。
そして歩道との段差は、8インチタイヤでは厳しいかなと思っていましたが、何事もなくクリア。数センチ程度ならまったく問題ありませんでした。

ちなみに走り出して5秒後、歩いていた子供に「ちっちゃ!」と言われました(笑)

カバーを被せたところ
カバーを被せたところ

駅に到着し、ここからはいよいよ輪行開始。
折りたたんでから専用のカバーを被せます。本当はシルバーのカバーなのですが、裏返すと黒になり目立ちにくくなります。
このカバー、てっぺんに穴が開いているのでそこから手を入れて本体を掴むことができ、なかなか便利です。

ちなみにCarry-meは折りたたんだ状態で転がして運ぶことが可能。
最初はゴルフバッグのように引いて歩くのがのいいかと思いましたが、実際やってみると垂直に立てた状態でステムを持って後輪と補助ローラーを全部接地させながら転がすのが具合がいいようです。
転がしたまま自動改札も問題なくクリア。

電車のドア脇に置いたところ
電車のドア脇に置いたところ

車内では邪魔にならないように先頭車両に乗り込みました。
それでも自立させた時の面積が狭いので、迷惑度は(ロードなどに比べれば)だいぶ低めです。
さすが「A4サイズ」を謳っているだけのことはある。
ただし、自立するといっても安定感はなく、ちょっとした揺れですぐ倒れそうになるので、写真のように何も固定せずにただ立てかけておくのはやめた方がいいでしょう。

足の間に挟んだところ
足の間に挟んだところ

席が空いたので座ってみました。
自転車が前を向いた状態で足の間に挟むとこんな感じ。
大股広げて座っているマナーの悪いアンチャンよりはるかに狭く収まります。
ただ前方にはブレーキワイヤーなどのでっぱりがあるため、少々スペースをとってしまいます。

地元の駅に着いてからは再び輪行袋から出し、自宅まで乗って帰りました。
とりあえずちょろっと乗っただけですが、ファーストインプレッションは・・・文句なく楽しい!

まず意外とちゃんと走ること。
思ったより路面に気を使うことなく走れてしまうので、タイヤが8インチというのを忘れそうになります。
出せるスピードはママチャリと同じかそれ以上。ただし必死に回すタイプの自転車ではないので、あくまでゆったり流すのが似合うかと。
シングルスピードというのも潔くてよろしい。(スピードドライブ装着版もありますが)

次に機動力の高さ。
折りたたみ自転車でも20インチクラスになるとそれなりの大きさがあるため、言うほど気軽には輪行できないですが、これなら普通に電車に持ち込めます。
重量も7.9kgと軽く、ちょっとした階段なら片手で持って上がれます。
畳んで、転がして、電車に乗るという一連の動作にムリがないので、「これから輪行するぞ」と構えることなく自然にできてしまう感じです。

ところで、これを買った真の目的は引っ越して高速バス通勤になってからバス輪行をするため。(荷室ではなく座席に持ち込む)
電車は問題なかったが、座席の前が詰まっているバスではどうか。
来週の木曜から新ルートでの通勤が始まるので、さっそく試してみたいと思います。

【関連記事】
Carry-meで通勤してみた
Carry-meの最も簡単な車載方法
Carry-meで高速バス輪行は実際のところどうなのか
Carry-meの電動アシストバージョン「Carry-me DC」
Carry-meのギア比
【Carry-me】カテゴリーの記事

  1. 2008/04/06(日) 22:16:04|
  2. Carry-me
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<Carry-meの走行時のカラカラ音を解消する | ホーム | リコーの「たくはいサービス」を使ってみた>>


えっ、これで佐渡ですか?(笑)
  1. 2008/04/07(月) 10:46:30 |
  2. URL |
  3. y2software #-
  4. [ 編集]

>y2softwareさん
さすがにこれでは無理です(^^)
でも40kmグルメライドコースくらいなら・・・。
  1. 2008/04/07(月) 14:31:51 |
  2. URL |
  3. puyan #kY8WcqRU
  4. [ 編集]

おー、めちゃくちゃコンパクトでいいねぇ~。
ラクロスの道具持ってるより身軽だなぁ。
これならいくら電車乗っても全然邪魔じゃないね。
ウラヤマシス
  1. 2008/04/11(金) 00:18:22 |
  2. URL |
  3. watanpo #-
  4. [ 編集]

>watanpo
ゴーリーのクロスより小さいと思うよ(笑)
そこそこ混んでる電車でも持ち込めそうな感じ。
パンクしたら修理もできなくはないけど、畳んで最寄駅から電車に乗っちゃった方が早い。走行不能になっても「大荷物」にならないところがいいです。
  1. 2008/04/13(日) 01:40:24 |
  2. URL |
  3. puyan #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/245-1a5c029b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)