タイトル

佐渡ロングライド2008参戦レポート 【前日編】

佐渡ロングライド、行ってきました。
とりあえず210kmは制限時間内に無事完走。事故やトラブルなどもなく、何より最高のお天気の下で佐渡を走れて十二分に満足でした。
まだ余韻が抜け切らない感じですが、前日と当日の様子をレポートしたいと思います。
あと今回はJTBのバスツアーを使っての参加だったので、そちらの感想なども。

池袋西口に集合
池袋西口に集合

バスが到着
バスが到着

5/17の朝5:30、輪行袋を抱えた参加者達が池袋西口に集まってきました。
私はその時間に電車・バスで集合するのは不可能だったので、前日から会社泊まり。さらに会社の自転車部で一緒に参加する3人のうち2人も会社泊まりでした。
既にここから強行軍が始まってます・・・。
3人揃って朝4:30に会社を出発し、池袋まで自走。現地で輪行してきたもう1名と合流し、自転車を組み立ててバスに乗り込みました。
バスは西武の高速バスが3台。荷室に積みきれなかった自転車は後部座席に積み込んでいました。

バスは大宮で何名かの参加者をピックアップ後、川越ICから関越道に乗り新潟目指して走ります。
その間、ほぼ全行程で寝てました。
途中、1~2時間おきにSAで休憩があったものの、やっぱり長時間のバスは退屈で疲れる・・・。
ニンテンドーDSでも持ってくれば通信対戦でヒマつぶしできたかもね~などと話したりしていましたが、結局寝るのが一番という事で断続的に寝まくる。

気づいたら新潟港でした。

佐渡汽船
佐渡汽船

バスに乗ったまま乗船
バスに乗ったまま乗船

バスに乗ったままフェリーに乗り込みます。楽っちゃ楽だけど、自分の足で新潟の地を踏んでないので何となく実感が薄い。
会社の人に「新潟って自転車でしか来たことないんですよ~」と言ったら「それはおかしい。」と言われました。

フェリーの中では二等船室という雑魚寝スペースで過ごします。
が、これが厄介で後から行くとほとんど人で埋まってしまっています。しかもかなりのスペースを使ってのびのびと横になられている方がいらっしゃったりして格差社会を実感。仕方なく猫の額ほどのスペースを見つけて体育座りで休んでいましたが、それも辛くなってきたので甲板を散歩したり海を眺めたりしていました。
幸い天気が良かったので甲板に出てもそれほど寒くなく、潮風にあたると気持ちいい。

カモメの大群
カモメの大群

船尾からの眺め
船尾からの眺め

虎視眈々とエサを狙うカモメ
虎視眈々とエサを狙うカモメ

フェリーにはなぜかカモメの大群が後をついてきます。
甲板に出るとその理由がわかりました。乗客が投げるスナック菓子を代わるがわるパクパクパクパク食べてます(笑)
キャッチするのがうまいのもいれば下手なのもいて、眺めていると結構飽きません。

そんなこんなで2時間半、近いようで遠い佐渡が見えてきて、ようやく気持ちが盛り上がってきました。
島は思ってたよりずっと大きく、山が高いという印象。
ここでヒルクライムをやったら相当きつそうです。標高900メートル近い山もあるらしいし。
あの山がコースじゃなくてよかった、と妙なところで安心しました。

佐渡が見えてきた
佐渡が見えてきた

佐和田に到着
佐和田に到着

再びバスに乗り込んで両津港に上陸。そのまま受付のため明日のスタート地点である佐和田(両津と反対側にある所)に向かいました。再びバスに揺られること40分。
ようやく佐和田に到着したのは16時を回ったくらいでした。朝から10時間移動しっぱなしで少々ぐったり気味。
しかしのんびりともしていられなくて、限られた時間で自転車の組み立てと体育館への預け入れ、受付を済ませなければいけません。

そそくさと自転車を組み立ててから空気圧と変速のチェック。今回はフロアポンプ代わりにTOPEAKのロードモーフとエアゲージを持参してきました。いつものように7気圧にセット。変速の方も問題なし。
スタート/ゴール地点へ行くとメーカーのブースも出ていて結構盛り上がっているようです。ひとまず受付を済ませて参加賞のコシヒカリとTシャツをゲット。
このTシャツですが胸のところに思いっきり「佐渡ロングライド210」と書かれていて普通に着こなすには厳しいものがあります。(しかし帰りは持ってきた着替えが濡れてしまったので密かに着ていた)

スタート/ゴール点
スタート/ゴール地点

体育館に預けられた大量の自転車
体育館に預けられた大量の自転車

その後自転車を体育館に預けました。
実は当日の朝は自転車の受け取りでごった返すのではないかと懸念してバスに置いたままにしておこうと思っていたのですが、両津から添乗していた佐渡汽船の方に聞いたところ、受け渡しでの混乱はまったくないとの事だったので体育館に預ける事にしました。(実際スムーズに出せた)
夜間は監視員も付くらしいですが念のためワイヤーロックで仲間の自転車と一緒に施錠。
ズラリと並んだ高級バイクを見て、「ここにある自転車だけで総額一億円くらいいくかな・・・」などと話していました。

宿からの眺め
宿からの眺め

いただきます!
いただきます!

そして再びバスに乗って宿のある両津へ。
希望すれば前夜祭にも出られる(ただし宿まではタクシーなど自力で帰ってこなければいけない)ようでしたが今回は早めに食事や風呂を済ませたかったので4人ともパス。
宿の食事はカニやらエビやらなかなか豪華で、とりあえずご飯をお代わりしまくって明日に備えます。
一緒に参加している新卒の女の子は他の女性参加者と相部屋なのでそこで別れ、野郎3名はさっさと風呂に入ってジャージにゼッケンを貼り21:30には就寝。
どう考えても普段と比べて早すぎますが、なぜかすんなり寝られました。いつもは泊まった先でなかなか寝付けないのに不思議・・・と思ったのですが今理由がわかりました。
宿の周りでカエルがたくさん鳴いてたからですね。つまり自宅と同じ環境だったのでリラックスして寝られたんだと思います(笑)

さて明日はいよいよ佐渡ロングライド本番。
果たして210kmを走りきれるだろうか・・・。その前にパンクしませんように。

【当日編】に続く)
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2008/05/21(水) 22:30:33|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<佐渡ロングライド2008参戦レポート 【当日編】 | ホーム | 佐渡ロングライド 210km完走>>


佐渡に渡るフェリーが目に浮かびます。
悔しいけどおいしい魚も食されてのですね。
当日編期待してます。
  1. 2008/05/23(金) 12:26:39 |
  2. URL |
  3. nebaneba #-
  4. [ 編集]

>nebanebaさん
宿のご飯はなかなかいけました。
イベント後にもう一泊、ゆっくりして観光とかもしたかったです。弾丸ツアーだから仕方ないかな・・・。
  1. 2008/05/24(土) 03:32:54 |
  2. URL |
  3. puyan #kY8WcqRU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/265-c8e29d81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)