タイトル

周回コースまでのアプローチ

最近雨が多いなあと思ったら関東はそのまま梅雨に入ってしまい、せっかく高まってきたモチベーションに文字通り水を差された格好。
そんな中でも内房レーシングMTB班?の人達はミヤタカップで優勝やら入賞を決めているらしく、強豪チームだとは思っていましたがMTBも強いとは。えらいとこ入っちゃったかなあ。
という事でこちらは地味に雨のすき間を縫って練習コースへと出向きました。

小櫃川沿いの道
小櫃川沿いの道

自分で言うのもなんですが、地図を見て「自転車で走りやすく覚えやすい道」を見つけ出すのが得意です。
コツは出発地でなく目的地からルートを考えること。そうすると「2回曲がって後はひたすらまっすぐ」みたいなシンプルで走りやすいルートができやすい。

今回も同じように自宅からチーム錬で使っている周回コースまでのアプローチを検討してみた結果、小櫃川という川に沿って良さそうな道があるのを発見しました。
試しに走ってみたらこれが大正解。自宅からものの5分もかからず川に着くと、その先はサイクリングロードではないけど車が全く来ない整備された道が延びていました。歩行者もほとんどいなくて「俺の道」といった感じ。

途中からのどかな風景が広がる里山を抜け、無事に周回コースに到着しました。
片道35分で、出てくる信号はたった1箇所(笑)。途中にコンビニ・自販機もあるし、いきなりベストルートを見つけてしまったかも。
2時間もあればコースを2周回って帰ってこられるのがわかったので、これからちょっとしたすき間時間を使って走りに来られそうです。

自宅~暁星国際周回コース2周半~自宅
走行距離:52.6km
走行時間:1時間51分
平均時速:28.3km
平均ケイデンス:103
消費カロリー:1216kcal

【走った記録】カテゴリーの記事

  1. 2008/06/08(日) 23:22:10|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Google Mapsを使った2Dドライビングシミュレータ | ホーム | SOYJOYまとめ買い>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/273-5fdb7fb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)