タイトル

ツール・ド・草津 初参戦

群馬CSCのレース後はそのままURC御一行様で草津の宿へと向かい、次の日はツール・ド・草津(ヒルクライムの大会)に参戦してきました。
ツール・ド・草津は今回初参加ですが、それ以前にレースのハシゴというのも初めての経験。
前日の疲れを引きずらないかちょっと心配です。

ガンバレ!内房レーシングチーム

今回驚きだったのはURCが常宿としている「ルーバン山田」さんのこの(↑)歓迎ぶり。(手前でローラー回してるのは会長) ここまでやってくれるところはあまりないのでは・・・。正式にはレーシング「クラブ」ですが細かいことはどうでもよし。何よりこの応援に応えなければ、という事で気合いが入りました。
宿の方はご飯も美味しかったしお風呂も気持ちよくて◎。レースの疲れを十分癒せた感じです。(水風呂があるのが個人的にはポイント高)

ディナーの後は草津の湯畑見物ツアーに同行。これまた全くの初めてで湯畑自体どういうものか知りませんでしたが、行ってみたらもうもうと立ち上がる湯気と強烈な硫黄の匂いの中にライトアップされた源泉が浮かび、幻想的な雰囲気に圧倒されました。
ついでに温泉まんじゅうも買い込んで完全に観光気分。楽しい~。

湯畑

自転車いっぱい

ローラーアップ

で、いよいよ当日。
朝食を済ませて皆一斉にローラーアップを行い、スタート地点の天狗山レストハウスへ。会場は既に自転車で埋め尽くされてます。
スタートを待つ間、AQULSのnantaroさんやchouetteさん達にご挨拶。ちょうど各クラスが出発していくのが良く見える場所だったので、チャンピオンクラスのスタートの模様を動画に収めました。
最後の方で、奥からゆっくり出てきて集団に合流したのがゴッティさん。



パレード

そうこうしてるうちに自分たちもスタート。最初の5kmはパレード走行で、草津の温泉街をのんびり走ります。
時折渋滞して何度か止まったりしながらののんびりしたパレードですが、沿道の人達が声をかけてくれるので否応なしに気分が盛り上がります。手を振りながら思わず去年の佐渡ロングライドを思い出しました。やっぱりこういうのは楽しいなあ。

計測地点手前の天狗山レストハウスに戻ってくる途中で集団を抜けて「ルーバン山田」へ。パレードコースの途中に宿があると便利ですね。ここでまずトイレで軽量化を済ませ、ウォーマーを外してゼリー飲料を飲んで準備完了。
外で待っていたSO君、ジョー君と3人でパレード集団に復帰し、スタート地点へと向かいました。
さあいよいよだ~。

と思ったら、計測ラインの20mくらい手前でジョー君が他の参加者と軽く接触?した模様。落車には至らなかったものの、念のため脇に寄ってケガがないか確認。問題ないようだったので改めてスタート。

スタート後、まずSO君がものすごいペースで飛ばし、あっという間に見えなくなってしまいました。今年は40分を切ると気合いが入っていたからな~。
こちらはジョー君を引く形でしばらく20km/hくらいで走行。うーん、ちょっとペース速いかも・・・。
このコースは一応去年の夏合宿(落車して救急車で運ばれた時の)で一回走ってはいますが、その後の落車で頭を打ったせいかあんまり覚えてなくて、ペース配分もどうしたらいいかよくわからず。

2~3kmくらいのところでさすがにきつくなってきたのでジョー君には先に行ってもらい、少しペースダウンして息を整えました。10メートルくらい先でジョー君が時々振り向いてこちらの様子を伺ってます。「俺に構わず先に行け!」と叫ぼうと思ったけどこのシチュエーションだとさすがにカッコ悪すぎるのでやめました(笑)
少し休んだら復活してきたので、自分のペースで淡々と。心拍計を見ながら、回復可能ラインを超えないギリギリの範囲で回し続けます。最近、レース本番では心拍計をつけなくなったけど(見ちゃうとマイナスイメージしか沸いてこないので)、ヒルクライムみたいに自分のペースで走れる時はあった方がペースを作りやすいかな。

ようやく殺生ヶ原を過ぎて、残り7キロ。脚はそこそこ回っている感じ。途中でポツポツとURCの人達が見えてきたので、声をかけながら登っていきます。ジョー君はまだ視界にとらえているけどSO君はだいぶ先との事。
そろそろきついなあ、と思っていたらちょうどいいペースの人が現れたので、しばらく後ろに着かせてもらいました。残り3キロくらいで今度はこちらが引こうと前に出て、しばらく一緒でしたが急坂ゾーンで切れてしまった様子。再び一人で走っていくと前方にこんさんの姿が。

こんさんはON THE ROADジャージの若い二人組(高校生くらい?)と一緒に登ってました。「もうちょっとですね。頑張りましょう!」と声を掛け合ったりしていい雰囲気。この集団に着かせてもらい、最後のスパートに向けて息を整えます。するとラスト1kmでおもむろにこんさんがダンシングでペースアップ。あっという間に後ろの3人に差をつけました。すげー。
こちらも粘ってゆっくり差を詰めていき、残り300メートルくらいでようやく追いついて、最後はスパートして僅差で先着。ってスパートする余裕があるなら道中もっと頑張れって話ですが・・・。

結果は43分24秒。男子Bクラス(31~40歳)では657人中57位でした。
ゴールまで3~4人くらいしか抜かれなかったので結構いったかな、と思ったら予想よりだいぶ下。しかし去年のリザルトを見るとこのタイムなら24位くらいには入っているので、全体のレベルも上がってるんでしょうね。
来年はぜひとも40分切りを目指したいと思います。
先に行っていたSO君も40分台と素晴らしい記録でしたが、それですら男子Aでは30位くらいだそうで、やはり入賞するのは並大抵ではないなあ。

しかし、終わってみればURCからはゴッティさんがチャンピオンクラスで6位、H中さんが男子Dで3位、姫さんが女子Iで優勝(二連覇!)と、チームとしては非常に好成績でした。皆さんすごいっす。
賞品もスポンサーがたくさんついているせいか非常に豪華。家電製品にスポーツドリンク一箱にフルーツ盛り合わせと「これでもか」というくらい。

こうしてみると、コースは眺めが良く、斜度もきつくないので走りやすいし、パレードランもあるし、賞品も豪華でシャンパンファイトもあって、しかもエントリーフィーが安い!
この大会が長く続いていて人気があるのも頷ける気がしました。

残り1km

ゴール地点

CT-1

表彰式

という事で参加された皆さんお疲れ様でした!
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2009/04/23(木) 07:29:26|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<元素記号Ba | ホーム | JCRC第3戦 群馬CSC>>


土曜日の群馬はお疲れ様でした。
UCRさんは日曜日と連続でしたね。スゴいなぁ~
しかも43分なんて素晴らしいです。
私も頑張らねば…
またよろしくお願いします。
  1. 2009/04/23(木) 21:42:59 |
  2. URL |
  3. koba #-
  4. [ 編集]

> kobaさん
群馬ではお疲れ様でした。Beeの方もどなたか入賞されてましたよね。
レースとヒルクライムの2本立ては、心配していたよりも意外と普通に走れましたが、終わってからドカーンと疲れが来ました(笑)

ぜひまたチーム練でご一緒しましょう。
  1. 2009/04/24(金) 01:52:54 |
  2. URL |
  3. puyan #kY8WcqRU
  4. [ 編集]

URCと入力したつもりが、UCRとなっていました。申し訳ありませんm(__)m
  1. 2009/04/24(金) 04:56:39 |
  2. URL |
  3. koba #-
  4. [ 編集]

草津、お疲れ様でした。
それに好成績おめでとうございます。
ヒルクライムの苦しさと達成感が伝わってきましたよ。
草津の湯には行ったことありますが
ロードの山登りは私には無謀かな。
puyanさんには来年も頑張ってください。
おっとその前に佐渡もありましたね
  1. 2009/04/24(金) 06:36:53 |
  2. URL |
  3. nebaneba #-
  4. [ 編集]

1kmの看板をみたら、ラスト全部出し切ろうと、脚がが勝手に・・・(もう少し待てばね)
実は、軽くpuyanさんを意識していたのは確かで、ダメ元でアタック!
案の定、つかまちゃいましたが、再度アウタートップで体制を整えゴールスプリントに備えるも、前日の疲れで脚は売り切れ。
最後まで、楽しかったです。
燃え尽きました
  1. 2009/04/24(金) 10:04:36 |
  2. URL |
  3. こん #-
  4. [ 編集]

> kobaさん
私も全然気づきませんでした(笑)

> nebanebaさん
久々のヒルクライムはきつかったですが何とか登りました。でも終わってみると楽しかった、また行きたいとなってるんですよね~不思議です。
ツール・ド・草津はヒルクライム大会の中では距離も短めだし斜度もそれほどきつくないのでおすすめかもしれません。

> こんさん
最後のアタックは反応できませんでしたが、あそこからゴールまで意外と距離が残っていたので何とか追いつけました。こちらもオールアウトです。。
草津の前日、ゴッティさんから「残り3kmで平坦区間に入ったらスピード上げてった方がいい」とアドバイスを受けましたが、実際走ってみたら「平坦は一体どこから始まるの?」って感じでした(笑)
  1. 2009/04/24(金) 18:48:38 |
  2. URL |
  3. puyan #kY8WcqRU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/424-e07dfaf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)