タイトル

ツール・ド・ジャパン第3戦 ひたちなかステージ 2hエンデューロ編

今回はカテゴリーレースの他に2時間エンデューロにもエントリーしていました。せっかく遠くまで来たのに40分程度のレースで終わってしまうのはもったいないという事で。半分は練習みたいな感じですが。
しかし、さっきのスプリントのせいで脚が非常にだるい・・・。2時間走り切れるのかちょっと不安になりつつ、昼ご飯をかき込んでいそいそとスタート地点へ。ちなみにURCからは8名がエントリー。

スタートの列に並んでみると、やっぱりかなり人が多い。2時間ソロだけで100人強、それに同時スタートの4時間ソロとチームエンデューロも合わせると200人以上いたんじゃないでしょうか。さすがにこの人数で集団走行するのは初めて。楽しそうだけど、落車がない事を祈ろう・・・。
蒸し暑いのでボトルは2本、補給食はゼリー系を3つとコンビニで買った健康食品のおやつみたいなやつを2個ポケットへ。
そして12時になり、いよいよエンデューロがスタート。

自分の位置は集団中ほど、左端くらい。前にも後ろにもたくさんいます。いやーなんか「ロードレース」って感じだなあ。
集団内で走っているだけなら非常に楽。しかし実際は、細かいスピードの変化に合わせてブレーキをかけたり踏んだり、前走者や左右の人の動きにも注意しつつ自分もラインを守って走らなければならず、結構神経を使います。何というか、自転車と言うよりクルマで高速道路を長時間走っているような疲れ方に近いかも。

まあ先は長いのでしばらくこの辺で走っていようと決め、たまにURCの人と雑談したり補給をとったりしながら周回を重ねます。
しかしオーバルコースでほとんど景色が変わらない&コースの変化が乏しいので、自分が今ホームストレートにいるのかバックストレートにいるのかわからなくなる事が何回かありました。
もう結構走っただろ、と時計を見たらまだ45分だったり。
さすがに長いな~。4時間の人はさらに大変ですが。

終盤に近づき、ラスト2周で徐々に位置を上げていこうとしたら、バックストレートで数人の落車発生。これは少し離れていたの何とか避けられました。
ダンシングで集団に復帰して、ラスト1周。ペースも一気に上がります。
順位は20番~30番くらいでバックストレートの下り坂へ。

さぁいくぞ~と思ったら、、、集団前方でまさかの大落車発生!

なんでこんな何もないところで・・・。
10mくらい前で二人転倒したのが見え、全力でブレーキかけつつどうにか脇を抜けたものの、ダッチロール状態となり横にいた誰かとぶつかってバランスを崩しそのまま左側に転倒。
幸いスピードは落ちていたので身体の方は大丈夫でした。

落ちたボトルを戻してすぐに自転車を出そうとしましたが、あれ、後輪がビクともしないぞ・・・。
よく見たらリアディレイラーが今まで見たことのない形になってる。な、なんだこれはー。
どうもすぐ走り出せそうな状態ではなかったので、道路脇の芝生エリアへ避難。コースでは転倒した10数人が再び走り出して行きましたが、中には横たわったままの人もいて、サポートバイクのライダーから応急処置を受けていました。
ほどなくして救護車が到着。そのすぐ後ろでは安全確保のため4時間エンデューロ組が全員停止させられていて騒然とした雰囲気に。

こちらはというと道路脇でチェーンをあれこれいじってみたもののどうにもうまくいかず、途方にくれていたら、コースの反対側からセマスレーシングの方が来て「どうしました?」と声をかけてくれました。
見てもらったところチェーンがスプロケとホイールの間にガッチリ噛み込んでいたようで、少しずつチェーンを引っ張り出してもらいフロントギアにかけたら見事復活。
この時は感謝の気持ちで本当に胸が熱くなりました。セマスレーシングの345番さん、ありがとう!
そして残りの2kmほど、ほぼ誰もいないコースを一人で走ってゴール。

ゴール後に自転車をチェックしてみたら、左のペダルが少し削れたくらいでほとんどダメージなし。変速も前後とも問題なくできました。
身体の方は、左の手首にほんの少し擦過傷ができたくらい。ジャージも無事。スピードが落ちていたからダメージも最小限で済んだ感じです。ラッキーでした。
あーでも、最後スプリントしたかったな~。

しかし噂通りというか、ほんとに落車が多くて驚きました。
いろんな原因があるとは思いますが・・・やはり慣れてない人が多いというのは確かにあるかも。自分も偉そうな事は言えませんが。
やっぱり怪我をしたらつまらない。安全に楽しめるように、参加する人がもっとサインや声を出し合って危険を回避していく事が必要でしょうね。
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2009/07/01(水) 22:53:48|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<新城5位! | ホーム | ツール・ド・ジャパン第3戦 ひたちなかステージ>>


落車の記憶がすっぽりありませ~ん
ヘルメットパックリ


今、体中のあちこち痛いです

あ~、嫁に行ってて良かった
  1. 2009/07/02(木) 08:40:57 |
  2. URL |
  3. 姫 #-
  4. [ 編集]

> 姫さん
あー、一番巻き込まれ方がひどかったですもんね・・・。カバーもあちこち破けてましたし。しかし記憶もなかったとは。。
身体もバイクもダメージが結構大きかったと思いますが、骨折とかがなかったのが不幸中の幸いでしょうか。
とにかく安静に、十分養生なさってください。

それにしても、最後まであの集団の前方をキープしていたというのはほんとにすごいです。落車がなかったら、私の方が順位が下だったかも・・・。(あ、今でも下ですが笑)
  1. 2009/07/02(木) 12:05:14 |
  2. URL |
  3. puyan #kY8WcqRU
  4. [ 編集]

puyanさんが戻ってこない!というのでゴール後すぐに話題になってました。大きな怪我なくてほんとによかった。チェーンのかみこみで走れなくなってたんですね~。前方走ってたFUNAさんの話と、集団前方にでていたチームのblog読んだら事の顛末がだいたい見えました。
スタートは同時でなく、カテゴリー、クラスでわけたほうがよさそうですね。シクロワイヤドにも落車おおすぎ、ってかかれてましたね。姫とpuyanさんがうつってますよ、僕も小さく。
  1. 2009/07/02(木) 20:58:51 |
  2. URL |
  3. MIK #-
  4. [ 編集]

落車の後にそんなことがあったんですね。 自転車も体も軽傷でなによりです! 
集団で走る時は、危険予知能力を身につけたいですね~(笑)
  1. 2009/07/02(木) 21:08:08 |
  2. URL |
  3. FUNA #-
  4. [ 編集]

> MIKさん
ご心配をおかけしました。最初自転車がどうにも動かなかったので救護車に乗っけてもらおうかとも思ったんですが、当然ながら重傷者の搬送が最優先だし、かといって押して歩くにしてもゴールまで2kmはあるし・・・という感じでにっちもさっちもいかなくなってました。
落車の原因については私も人づてに聞いておおよそ把握できましたが、まさかあっち側から始まったとは・・・。(正面の二人が起点だとばかり思ってました)とにかく前にいるに越した事はないですね。

cyclowiredの写真は私も偶然見つけました。あの人数の中で3人も写ってるって結構すごいですよね。今度は表彰式の写真に写りたい(笑)
  1. 2009/07/03(金) 14:33:28 |
  2. URL |
  3. puyan #kY8WcqRU
  4. [ 編集]

> FUNAさん
エンデューロ入賞おめでとうございます!あの人数で入賞はすごい。。
やっぱり常に前で展開していた会長やFUNAさん、S田さんはさすがだなと思いました。結果的に落車も免れたわけですし。
見習いたいです。
  1. 2009/07/03(金) 14:33:43 |
  2. URL |
  3. puyan #kY8WcqRU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/461-ac98b787
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)