タイトル

URC夏合宿in草津 1日目

先週末は恒例のURC夏合宿に行ってきました。
土曜日の早朝に12名がショップに集まり、一路草津へ。自分はこんさんの車に乗っけてもらいました。(ありがとうございます)
アクアラインは今日から800円。安くなるのは嬉しいけど休日午後の上り線渋滞はさらに悪化しそう・・・。
関越で断続的な渋滞があったものの、割と順調に走って11時前に宿に到着。宿はツール・ド・草津でもお世話になったルーバン山田さん。

ルーバン山田

現地集合組と合わせて総勢16名で一日目のコースに出発しました。
この日走るのは草津~野反湖往復60km(獲得標高約1500m)。
出発前に会長から「落車しないように。グレーチングに注意して」とアナウンスがあり、それ完全に俺の事じゃーん(笑)と思いましたが、今回はサドルにお守りをぶら下げているので(たぶん)大丈夫なはず。

最初の10kmほどは延々下りで405号に出て左折、そこから先は野反湖までの15kmをヒルクライム。(ちなみに最初に下った道は「日本ロマンチック街道」というらしい)
野反湖は去年の合宿でも登ってましたが詳細はすっかり忘れてました。落車で頭打ったせいかな。
残り10kmあたりからヒルクライムっぽくなってきて、集団も徐々に小さくなり、4人に。先頭にいたのは舞浜くん、o-taさん、KB田さんと自分。舞浜くんが積極的に前を引いて何回かアタック。後ろはじりじり詰めては追いつき、また離されるといった具合。

そうこうしてるうちに舞浜くんと自分の二人になり、ラスト2km。ここから先がきつかった・・・。野反湖まで延々10%前後の斜度が続くので心が折れそうになりつつも何とか一緒にゴール。
ゴールしてようやく、去年の合宿でトップのS岡さんに着いていけず蛇行しながら登ってきた事を思い出しました。(要するに辛いことを忘れてただけ)
今年は蛇行こそしなかったけど、まあそれに近いスピードだったかな・・・。
それにしても舞浜くんは登りが強い!軽々としたダンシングでスイスイ登っていくし、表情は疲れてきてもフォームが崩れない。いかにもクライマーって感じですね。

野反湖

野反湖

野反湖はかなりガスが濃かったため残念ながらまったく見えませんでした。
全員揃ってから写真を撮り、ウインドブレーカーを着て下山開始。下ってみると改めて勾配のきつさがわかるな・・・。
下山後は、予定では尻焼温泉から草津国際スキー場の麓まで別ルートで登る事になっていましたが、道が工事していたため通り抜けできず。仕方なく朝下ってきた道(日本ロマンチック街道)を上ることに。
尻焼温泉からの登りは走ってみたかったので残念だな~。

という事で帰りは405号から草津まで標高差450mを稼ぐヒルクライム。
登り初めると5~6人の集団になったので、自分が前に出てイーブンペースで引きました。この時はペースを保っていい感じで登れたかも。
やや勾配が緩くなってからo-taさんがスピードを上げたので、頑張って着いていったら二人になり、しばらく走って草津市街のセブンイレブンで後続を待つことに。
ちょっとしてから後続グループが来たので合流し、一緒に天狗山レストハウスまで再び登り坂。

天候がちょっと怪しい感じでしたが、ここで一緒のグループだった人達でツール・ド・草津コースの殺生河原まで登ってみようという事になりました。
舞浜くんを先頭に登っていくと、2、3kmのところでポツポツと雨が・・・。こりゃ来そうだという事で先頭の判断でUターン。下山中に雨脚が強くなり、宿に着く頃には本降りに近くなっていました。
舞浜くんナイス判断。

温泉で疲れを癒した後は恒例の湯畑ツアー。この時にはちょうど雨も止んで、なんだかタイミングがいいです。
ツール・ド・草津の時は夜に湯畑に行きましたが、今回は夕方だったのでまた違った趣の湯畑が楽しめました。

湯畑

夜は美味しいご飯とお酒、そしてトランプ大会が異常に盛り上がり(笑)、なんか本当に「合宿」っぽい感じで楽しめました。(合宿なんですが)
とりあえず一日目は落車もなく無事に終了ということで。

(二日目に続く)
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2009/08/03(月) 23:02:56|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<URC夏合宿in草津 2日目 | ホーム | 夏合宿に備えて>>


いいなー、たのしそう。そのころ自分は・・・
かっぱばしに鍋を買いに。
  1. 2009/08/04(火) 08:34:23 |
  2. URL |
  3. MIK #-
  4. [ 編集]

> MIKさん
初日は何とか天気が持ってくれたんですけどねー。。
二日目は降られちゃいました。
  1. 2009/08/04(火) 20:25:16 |
  2. URL |
  3. puyan #kY8WcqRU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/476-a1489c3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)