タイトル

クリートをKEO GRIPに交換

LOOKのクリートがだいぶすり減ってきたので、買い置きしておいたKEO GRIPに交換しました。

KEO GRIP
KEO GRIP

KEO GRIP装着後
交換後

このクリートの特徴はクリート自体に硬質ゴム製の滑り止めがついているというもの(写真のグレーの部分)。使ってみるのは初めてです。
滑り止め部分を手で触ってみてもゴムのような触感はほとんど感じられず、プラスチック並に硬いので、すぐに減ってしまうという事はなさそう。

とりあえず古いクリートと交換して、位置を微調整するために固定ローラー台へ。ここでおやと思ったのは、足音の小ささ。前のクリートだとカチャカチャうるさかったのが、音で表すなら「トントン」くらいになってます。明らかに静かです。
これでもうコンビニに入っても変な目で見られる事は・・・なくなりはしないでしょうが、多少は軽減されるかも?

肝心のグリップ力については文句なしです。安心して歩けます。自分が履いているのはSIDIのシューズですが、今までだとクリート部分のグリップ力はゼロで、踵についているゴムだけが頼りだったのが、前にも滑り止めが付く事で普通の靴に近い感覚で歩けるようになりました。
クリートの厚みが増した分、ペダルにはめにくくなるかと思いましたが、自分の感覚では特に変わらず問題なし。んーこれはいいかも。
あとは摩耗がどの程度かが気になるところですが、これは使ってみてまたレポートしたいと思います。

ところでふと思い出したのがメッセンジャーの話。どこで聞いたか忘れたので本当かどうか知りませんが、メッセンジャーは客先の床を傷つけないために、クリートがむきだしになったいわゆるロード用のクリートではなく、クリートが靴に埋め込まれているMTB用のクリート(SPD)を使わなければいけないのだとか。
本当はロード用を履きたいのに・・・とか、クリートカバーは面倒、と思っているメッセンジャーには救いのアイテムとなるかもしれませんね。
【お買い物】カテゴリーの記事

  1. 2010/01/09(土) 10:35:55|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<URC初詣ライド | ホーム | iPhoneがGPSロガーになるアプリ「EveryTrail」を使ってみた>>


これは良いですね。
私はマウンテン用のSPDのを使っていますよ
昔はロード用のを使っていたのですが歩くのは不便なので(^_^;
観光をしながらのサイクリングが多いのと、仕事で役所とか行くときは普通に歩けるのが便利なためです。
友達にも教えてあげるとしましょう(^^)v
  1. 2010/01/11(月) 06:13:36 |
  2. URL |
  3. 中原 #-
  4. [ 編集]

> 中原さん
MTB用の靴は歩きやすいのと、普段着にも溶け込みやすいカジュアルさがいいですよね。
ロードの靴は長い時間歩くのはやっぱりきついです。以前、自走で宇都宮までジャパンカップを観戦に行った時、クリートカバーだけつけたロード用の靴で古賀志林道を歩き回ったら異常に疲れました。←アホですね
クリートのあるなし以前に、基本的にソールが固いというのがそもそも歩行に適していないんでしょうね。
  1. 2010/01/12(火) 14:34:56 |
  2. URL |
  3. puyan #kY8WcqRU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/543-4a787db9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)