タイトル

尾瀬岩鞍でアルペンレッスン

先週の日曜日は久しぶりのスノボ。尾瀬岩鞍でアルペンボードのスクールを受けてきました。

ホワイトワールド尾瀬岩鞍

ゼッケン

アルペンボードのスクールは関東近辺だと尾瀬岩鞍しかなく、去年から受けたい受けたいと思いつつ1年経ってしまいましたが、ようやく念願叶いました。
午前中にミルキーウェイで足慣らしして、万全の体制で午後のスクールに臨むぞ・・・と思って張り切って何本も滑ってたら昼前にへとへとに。何やってんだー。
会社のスキー部の面々(今回は少なめでスキーヤー二人のみ)と「ホルン」でお昼を食べて、自分は13時からのスクールのため集合場所へ。

午後からいよいよスクール開始。先生は、ケスラー専属ライダーの小栗大地プロ。
生徒は・・・なんと自分だけ。
ああなんという贅沢。料金はプライベートレッスンに比べたらずっと安いし、申し訳ないくらい。というかやっぱりアルペン人口が少なすぎなのか。

最初に準備運動をして、まずはセッティングのチェックから。ここでいきなり重要な事実が発覚。どうやらカント(ブーツの傾きを調整する土台)が逆方向に入っているらしく、ビンディングが左右逆に付いていた事が判明しました。(自分で気づけよ)
その場で左右付け替えてもらい、アングルもブーツがギリギリはみ出ない角度に微調整。
指摘されなかったらずっとこのセッティングで使い続けてたんだろうなあ。やっぱり来てよかった。

セッティング完了後、少し歩いてチャレンジBコースへ。まずは静止した状態での屈伸運動に始まり、斜滑降しながらの屈伸、その後は山回り、山回りからの谷回り、連続ターンという流れで、一つ一つ丁寧にチェックしてもらいながらレッスンを受けました。
全部は書ききれませんが、もう目からウロコが10枚くらい落ちた感じです。
特に苦手だったフロントサイドが自分でもはっきりわかるくらい良くなり、しっかり腰を入れてカービングできるようになりました。やっぱり教えてもらうと全然違うな~。
レッスン以外にも、おすすめの板とか、ステップインについてとか、リフトで色々ためになる話が聞けて大満足の2時間でした。

しかしちょっと頑張りすぎたのか、今日は筋肉痛で悶絶。
階段は登れるけど一歩も降りられない(笑) いたたた・・・。

【関連記事】
尾瀬岩鞍でシーズン初滑り
【スノーボード】カテゴリーの記事

  1. 2010/03/01(月) 23:49:12|
  2. スノーボード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<オレオレ詐欺の電話がかかってきた | ホーム | 春のレースにエントリー>>


やっぱり教えて貰うと全然違うのですね。
それにしても一人では凄い贅沢ですね。
私もアルペンの方が好きですよ(^_^)
  1. 2010/03/02(火) 04:15:05 |
  2. URL |
  3. 中原 #-
  4. [ 編集]

おお!なんと贅沢な!
私も、以前、マンツーマンになったことがあるので本当にラッキーですよね。
きちんと乗れるようになると、かなり感覚が変わり、それだけでかなりステップアップできてしまう感じがします。
私も、今年はもう少し行きたいなぁ~
  1. 2010/03/02(火) 09:21:07 |
  2. URL |
  3. 姫 #-
  4. [ 編集]

スノボーもされるんですね。
色んなところでロードバイクと似ている競技なのかも?って感じます。
どんなことにも前向きに取り組まれるpuyanさんの記事を拝見すると
自分も頑張らねばって思いますv-221
私の友人のチネリさんという方も何に対しても拘りを持っておられる方で、スキーはマンツーマンで指導を受けるのが一番上達が早いって、遅い時期から始められたのに一年目からかなり滑られるようになりました。
ロードバイクも昨年秋から始められて、いきなりチネリベストオブに乗っておられ峠もガンガン走っておられます。

puyanさん、お怪我など気をつけてこれからもドンドン走ってくださいね。
  1. 2010/03/02(火) 10:38:23 |
  2. URL |
  3. lime   #-
  4. [ 編集]

> 中原さん
やっぱりマンツーマンだと密度が全然違いますね。
先生のアドバイスは一語一句漏らすまいという感じで言われた事は全部頭に叩き込みました。(でもたくさんあってどれかを意識するとどれかがおろそかに・・・)
レッスンが終わった後は忘れないようにとゴンドラの中でiPhoneのメモ帳に殴り書きしてました(笑)

> 姫さん
はい、ほんとにラッキーでした。
アルペンって周りにやってる人があまりいないので教えてもらう機会がないんですよ。「ほんとにこれで合ってるか?」と確証の持てないまま自己流で滑っているよりスクール受けた方が近道ですよね。そういう意味ではもっと早く行っとくべきだったなー。
スクールの後でスキー部の人達とちょっと滑ったら「滑りが変わった」と言われました。まだまだですけど、嬉しいですね。

> limeさん
ありがとうございます。結構後ろ向きなところもあるのですが書いてないだけで・・・(笑)
やはり上達への近道はマンツーマンですか。納得です。

あと、確かにアルペンボードはロードバイクと共通点があると思います。スピードとキレを重視した細身の形状とか、操作がちょっとシビアなところとか、身体に合ったセッティング(ポジション)が重要なところとか、固い靴を使うところなどなど。。
ターンの後半にかけて身体が置いていかれそうになるほど板が加速していく感覚はやみつきになります。
ロードバイクで風を切って走るのが好きな人ならアルペンボードにもはまるんじゃないかなあとよく思うのですが、あんまり見かけないんですよね~。
  1. 2010/03/02(火) 15:13:43 |
  2. URL |
  3. puyan #kY8WcqRU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/561-25b45f75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)