タイトル

JCRC第6戦 in 群馬CSC 落車でリタイア

三連休の中日は久しぶりのレースで群馬CSCへ行ってきました。
春の群馬は大雪で中止になり、その代替戦も富士ヒルクライムと重なってしまい行けなかったため、今年初めての群馬参戦です。
去年はこのレースで入賞してCクラスに昇級できたのですが、今年は・・・ひじょーに痛い結果に(涙)

Newチームカー
Newチームカー

Sクラスの集団
Sクラスの集団

B・Cクラスのスタートは午後2時前とかなり遅いため、6時台の出発。土曜は仕事だったのでこの時間は助かりました。
チームの後発隊としてFUNAさんカーに乗せていただき(いつもすみません)、6人で2台に分かれて群馬CSCへ。
下の駐車場から自走で会場に上がって先発隊にご挨拶、と思ったら誰もいないよ(笑)。皆さんSクラスのレースを観戦中でした。(ちなみにSクラスは西薗良太選手がぶっちぎりで優勝)
それにしても非常に暑い。しかも風がほとんどなく、立ってるだけで汗が吹き出ます。

前日チームカーに預けておいたローラー台で40分ほどアップ。試走時間もありましたが、今回はあまりの暑さで体力消耗しそうだったのでパス。
アップ中も持参した熱中飴をなめたりこまめにスポーツドリンクを飲んだりして熱中症には特に注意しました。こんな日は油断するとすぐにかかりそうだったので。
アップ後は着替えてから日陰でストレッチ。

そうこうしてるうちに招集がかかってスタート地点へ。
Cクラスは人数が多いためC1、C2と40人ずつくらいに分けられ、自分はC2クラス。C1クラスにはkobaさん、ジョー君、C2クラスはtaoさん、KONさん、自分という割り振り。
このスタートを待ってる時間は何回経験しても緊張します・・・。

最初にB、その後C1がスタートしていき、1分半後にC2がスタート。周回数は7周(42km)。
クリートは珍しく一発ではまり、そのまま集団中程へ。最初の下りはバイク先導でゆっくり、下り切ったらいつものように先導が外れるのかなと思ったらなかなか外れない。結局リアルスタートがいつなのかよくわからないまま始まってました。
1年ぶりの心臓破りの坂は思っていたほど勾配がきつくなく、長さもあまりないという印象。いつもチーム練で走っている下宮田の坂のおかげかな。
そのまま集団で2周目へ。

2周目はややスローペース。楽に着いていけます。
ただ、下りコーナーでコースの中央に石灰みたいな太いラインが引いてあるのが滑りそうで怖い。あれは何だったんだろう。
アップダウン区間も心臓破りもくるくる回してクリア。思ったより脚も回るし、もっと全然ダメかと思ったけど最後まで行けるかも?
と淡い期待を抱きつつ3周目へ。

3周目は最初の下りでじわじわポジションを上げて、10番手くらい。アップダウン区間ではtaoさんと併走。taoさん調子良さそう。
心臓破りでタレてきた人を交わしつつ、6~7番手くらいまで上がってヘアピンを曲がり、あと数メートルほどでピークを越えるというところで、それは起きました。

自分のすぐ前を走っていた選手が前の選手とハスったか何かで突然落車。登りで直線という事もあり全く警戒していなかったため、避ける事ができず自分も続けてパタンと転倒。スピードは20km/hも出ていなかったと思うのでそこまでなら大した事はなかったのですが・・・。

さらにその後ろから来た選手も巻き込まれ、自分の自転車の後輪の上に思いっきり倒れてきました。グシャッというような嫌な音。慌てて自転車を引き上げてみると・・・後輪がポテチに・・・。・゚・(つД`)・゚・
手で回そうとしてもビクともしないので、走行不能でリタイア。スタート地点までフレームを担いでとぼとぼ歩いて戻りました。

ポテチになったWH-7850-C24-TU
ポテチになったWH-7850-C24-TU

H詰さんが心配して様子を見に来てくれて(ありがとうございます)、とりあえず怪我はないので大丈夫ですと伝え、その後皆がいるところへ戻って会長に自転車を見てもらったところ、ハブは生きてるのでリム交換で組み直しできそうとの事。あとフレームはエンドが割れていたのでそちらも交換する事に。

ある程度の出費は覚悟しないといけなそうですが、とても気に入っているホイールなので直せるなら直して使いたいと思っています。
実際、今日のレースも(2周半しか走ってないとはいえ)登りの軽さ、コーナーの立ち上がりでの加速の良さは充分に感じられましたし。
特にこういうアップダウンのあるコースには合っていると思いました。

という感じで自分の群馬はあっという間に終わってしまい、大事な機材も失ってしまったのですが、落車について思う事を少し。
正直、「なんであんな所で・・・」という気持ちもなくはないです。でもそれを避けられなかったのは自分の技術不足・集中力不足なのは明らか。人の後ろで文句を言うなら前に出ればいいだけのこと。
それにこういうリスクを承知で皆出ているわけで。
まあこれも一つの経験という事で、今後に生かしたいと思います。1回で充分ですが(笑)

レースの話に戻すと、C1ではkobaさん、ジョー君が見事入賞を果たしてBへ昇格。(おめでとう!)
いつもチーム練では最も強い二人なので上がるだろうなとは思ってましたが、それでも激戦区のCで入賞するのはやっぱり大変なこと。さすがです。
taoさんは9位で惜しかったけど、もう入賞は見えて来た感じですね。自分も最後まで走りたかったー。(先頭集団に残れたかどうかは?)
あとは王子がFで入賞したのも嬉しい。これから自信つけてどんどん上がって来そう。

そんな感じで、しばらくは仕事もいっぱいいっぱいなので8月はレースを入れてませんが、また練習して次のレースに向けて身体を作っていきたいと思います。
あ、あとお小遣いも貯めなければ・・・。うーん。
【イベント・レース】カテゴリーの記事

  1. 2010/07/19(月) 23:53:11|
  2. イベント・レース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<日焼けするグローブ | ホーム | ツール・ド・フランス2010 ネットライブ>>


お疲れ様でした。
puyanさんは群馬を上手に走っているイメージが強いので、自転車を担いで歩いているpuyanさんが見えたときは驚きました。
落車の様子も詳しくわかりましたが、やっぱりいくら集中していても、スキルがあっても避けられない状況ってあると思います。
良い走りが出来ていただけに残念ですが、とりあえずホイールも最低限?の出費で済みそうで少し良かったですね。

一緒に昇級するつもりだったので残念。でも、次こそは昇級決めてください!
待ってますよ!
また練習で揉んでくださいm(__)m
  1. 2010/07/20(火) 07:09:51 |
  2. URL |
  3. koba #-
  4. [ 編集]

落車でホイルが潰れてしまったのは残念ですね。
私も鈴鹿で落車に巻き込まれてしまったことはありましたが、何とかトップ集団に追いつけたのでその時は良かったです(^_^;
  1. 2010/07/20(火) 09:00:10 |
  2. URL |
  3. 中原 #-
  4. [ 編集]

体でなくフトコロの痛い落車という事で不幸中の幸いといったところでしょうか?
レース参加していると不運というしか無い事ですが、なるべく自分は避けたいアクシデントに合ってしまいましたね。
この暑い中仕事も忙しいそうで体に気をつけてください。
  1. 2010/07/20(火) 10:13:24 |
  2. URL |
  3. シャカリコ #-
  4. [ 編集]

> kobaさん
お疲れ様でした&おめでとうございます。
歩いて帰るとこ見られてましたかー。あの時は放心状態でした(笑)
前の人が落車した場所って登り切るあたりで一番心拍上がるところなんですよね。そういう所はやっぱりフラフラする人もいるから気をつけないといけませんね。
また練習会で稽古つけてください。

> 中原さん
今回は運がなかったですが、運も実力ですね。
また次回頑張ります。

> シャカリコさん
ありがとうございます。身体が無事だったというのは不幸中の幸いでした。
自分で転んだのならまだ納得いくところもありましたが・・・。やっぱり痛いですね(笑)
  1. 2010/07/20(火) 10:40:50 |
  2. URL |
  3. puyan #kY8WcqRU
  4. [ 編集]

大変でしたね。
でも身体が大丈夫だったのは何より、お金では身体と時間は買えませんから。
修善寺でJOE君とKobaさんのいる集団から千切れていく自分が見える~。
  1. 2010/07/20(火) 13:15:47 |
  2. URL |
  3. MIK #-
  4. [ 編集]

> MIKさん
はい、まったくその通りで、乗れなくなる方が辛いです。
下りで巻き込まれていたら無傷では済まないので・・・。
まあ何とか前向きに考える方向で(笑)

8月の修善寺行かれるんですね。頑張ってください!
Bクラスはもう6人・・・早く追いつきたいなあ。
  1. 2010/07/20(火) 15:16:36 |
  2. URL |
  3. puyan #kY8WcqRU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/609-641cd4be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)