タイトル

友達にだけ現在地を公開できるiPhoneアプリ「Google Latitude」を使ってみた

Google Latitude
Google Latitude

Google LatitudeのiPhoneアプリが公開されたので早速インストールしてみました。
これは何かというと、許可した人にだけ自分が今いる場所をリアルタイムで公開できるというサービス。許可された人は携帯やPCから本人の居場所をかなり正確に知る事ができます。
なんかいろいろ遊べそうな予感。

インストールするとまずGoogleアカウントの認証があります。
ログインすると白紙の友達リストが出てくるので、ここに自分の現在地を公開したい友達を追加していきます。
追加方法はメールアドレス、iPhoneの連絡先、Googleコンタクトから選択可能。

友達を追加したら、設定画面で以下のように設定します。

Google Latitude 設定画面
設定画面

・現在地の送信方法
「現在地を自動検出」はiPhoneのGPSが検出した現在地を使用。「現在地を手動設定」は自分でアイコンを動かして現在地を設定。「現在地を非表示」は現在地を公開しない。

・バックグラウンド更新
オンにするとアプリを閉じても現在地を公開し続ける(バッテリーアイコンの左にコンパスの矢が表示される状態)。オフにすると、アプリを閉じたら位置の更新をしない。

・距離の単位
マイル or メートル

・表示タイプ
地図 or 航空写真

設定後、試しに自分のPCアドレスを友達として追加(寂しい確認方法)してみたところ、招待メールが送られてきて、URLをクリックしたら確かに現在いる場所が地図上に表示されました。しかもかなり正確に。
Google Latitudeのアプリ自体にも地図参照機能があり、開くと自分の位置と現在地を公開している友達の位置がアイコンで表示されます。(冒頭の画面)

使い道としては、友達同士で位置情報を公開しておけば待ち合わせや合流がしやすくなるでしょう。「今どこそこにいてそちらに向かってます」とか「○○なう」とかつぶやくまでもなく、地図上で確認すればお互いのいる場所が一目瞭然。

例えばサイクリングで後から集団に合流したい人がいたら、集団内にいる人が位置情報をその人に公開していれば簡単に合流できそうです。(位置がわかってても集団が速すぎて追いつけないとか公開してる人が実はちぎれていたといったケースを無視すれば)
そのほか、Twitterでつぶやいたら「スキー場でも使えそう」という反応もあって、なるほどと思いました。

リアルタイムな位置情報って相当プライバシー性の高い情報なので不特定多数に公開するのはためらわれますが、公開範囲を限定できるなら色々使い道がありそうな気がします。
とりあえず今週末にでも自転車でどの程度使えるのか試してみたいと思います。

余談ですが、Google Latitudeの拡張機能として「Google公開ロケーションバッジ」というのもあります。これはブログ等に貼り付けられる地図上に居場所を完全に公開しちゃうというもの。要はダダ漏らしですね(笑)
ロングライドのイベントなどで走ってる間だけ公開、とかだったらありですね。見ているだけで楽しそうです。

【関連記事】
現在地を晒しながら100kmチーム練
「Google Latitude」終了
【携帯・インターネット】カテゴリーの記事

  1. 2010/12/15(水) 00:37:36|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<現在地を晒しながら100kmチーム練 | ホーム | 久しぶりの愛宕山 房総100km練>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/663-94a0bf65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)