タイトル

しらかば2in1に行ってきた

しらかば2in1

しらかば2in1

しらかば2in1 山頂からの眺め

土曜は今シーズン4回目のスキー部活動。長野県のしらかば2in1スキー場へ行ってきました。
中央道のスキー場へ行くのはスノボ歴10年目くらいにして実は初めて。いつも関越道方面が多いのでたまには気分を変えて違うところへ行ってみようという事で提案してみました。
2in1にしたのは、Yahooスキーで調べてゲレンデが広そうだったので。

朝6時に新宿で二人ピックアップして初台から中央道へIN。そこからは渋滞もほとんどなくスイスイで、実質3時間足らずで到着。早いな~。
ただしもう1台の車は途中で発生した事故渋滞にはまってだいぶ遅れてやって来ました。
天気は快晴。今年のスノボは本当に天候に恵まれています。

という事でさっそくゲレンデへGO!もちろん今日もアルペンボード。
スキー場は左右に大きく二つのエリアに分けられ、各々に駐車場・レストハウス・リフト券売り場があります。それで2in1というのかな。
自分は主に右側のクワッドリフトに乗ってました。左のエリアにも行ってみましたが、リフトが低速しかないのがちょっと残念。コースはいいのですが。

ここに来ての第一印象はうまいボーダーが多いこと。
特にアルペンボード率が高い。10人以上は見かけたかな。今まで行ったスキー場の中では石打丸山が割と多かった気がしますが、それを上回る数にちょっとビックリ。
アルペンボーダーって絶滅危惧種だと思ってたけどこんなにいたんだなあと感慨深くなると同時に、上手い人の滑りを見て非常にいい刺激をもらえました。
あと、フリースタイルの人もしっかり身体を倒したカービングターンをしている人が多かった気が。マナーも比較的良くコースの真ん中に座り込んでるような人も(他に比べれば)少なかったです。

滑りの方はというといい刺激はもらえましたがあまり生かせず(笑)、「ラッツ・ラッツコース」(上級者コース)の斜面攻略に悪戦苦闘。雪の固さにびびってしまい、微妙な凸凹を吸収できずに板が暴れてしまうという感じでした。それでも、斜度のある所でも上体を前へ前へというイメージのまま下りられるようになってきたのは進歩かも。
疲れたので途中から中級コースへ。こちらは空いていて気持ちよく滑れました。フロントサイドの倒し込みも前より深く長く(当社比)維持できるようになり、手応えあり。やはり上手い人の滑りは勉強になる。

ガラガラリフト
午前中のリフトはガラガラ

人が少ないのでリフトもガラガラ、練習にはもってこいという環境。こういう時はテンションが上がります。
お昼休憩を挟んで、20代ボーダーと二人で休憩も取らずにひたすら何十本も滑ってました。
疲れたけど楽しい!

帰りの中央道は八王子~高井戸で渋滞していたようですが、談合坂SAでご飯を食べていたら自然に解消してました。
中央道方面は結構狙い目なのかも・・・今回はたまたまスムーズに行けたという事かもしれませんが。
来シーズンまた来てみよう。

アルペンボード

【関連記事】
岩原スキー場でアルペンボード練習
【スノーボード】カテゴリーの記事

  1. 2011/03/06(日) 20:41:05|
  2. スノーボード
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今年初の袖ヶ浦練 | ホーム | 謎の藁人形?>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/700-21a68b23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)