タイトル

Carry-meの電動アシストバージョン「Carry-me DC」

Carry-me DC

キャリーミーの生みの親ージョージ・リン氏インタビュー
(GREEN CYCLE STATION YOKOHAMA)

というインタビュー記事があったので読んでいたところ、

(インタビュアー)今後のキャリーミーの展開はどのようにお考えですか?
(リン氏)アメリカ向けにエレクトリック(電動)が誕生しました。

という記述があって、気になったので調べてみたら確かに売られていました。
フレーム後部にリチウムイオンバッテリー、BBの近くにモーターが。
モーターでもう一本のチェーンを駆動させてアシストする仕組みでしょうか。

バッテリーとモーター

このアシストON/OFFレバーが戦隊物っぽくてなかなか良い(笑)
レバーを手前に倒すとアシストがONになります。

電動アシストレバー

バッテリーにもインジケータが。
フル充電で緑、半分以下になると黄色、残りわずかで赤が点灯。

インジケーター付バッテリー

もちろんバッテリーだけ取り外して室内で充電可能。

取り外し可能なバッテリー

仕様を見てみると、バッテリーの容量は24V/9A。パワフルな160Wモーターでペダルを漕がずとも20km/hの速度で20km以上の距離を走れるとの事。
ただ、ギア比に変更はないようでフロント84T-リア14Tと現行と同じでした。
車体重量は12kgで、これはノーマルのCarry-meより4kgほど重いですが、電動アシスト自転車としてはかなり軽量の部類に入るのではと思います。
お値段は$1450。

ニッチすぎて需要があるのかどうかよくわかりませんが、輪行のしやすさに電動アシストが加われば行動半径が広がるのは間違いなさそうです。
(ただし、日本国内では「フル電動自転車」に該当するので走行は認められないでしょう)
【Carry-me】カテゴリーの記事

  1. 2011/10/01(土) 19:29:31|
  2. Carry-me
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<チーム練のあと、木更津航空祭へ(ただし入口まで) | ホーム | 房総自転車グルメマップ>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/788-ba6e6c8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)