タイトル

ROX9.1のゴーストレース機能が楽しそう

SIGMA ROX9.0の後継機、ROX9.1の情報がボチボチ出てきました。

ROX9.1

SIGMA ROX9.1 (SIGMA SPORTS)

目新しい機能としては、

1. 推測パワーの表示
2. Expansion(クランク1回転で進む距離)表示
3. ゴーストレース機能


といったあたりでしょうか。

パワー表示は、パワータップなどのようにひずみ計からのデータを受信するタイプではなく、走行データとあらかじめ登録しておいた係数から推定パワーを割り出すというもの。なのであえて「計測」とは書かず「推測」としました。
公式サイトによると「バイク・タイプ、ポジション、バイクおよび乗り手重量、身長、肩幅、スピード、斜度、ケイデンス」で算出するそうです。肩幅関係あるのか。。

風の影響をどう考慮するかについては明記されていないので、おそらく影響の少ないヒルクライムなどで目安程度で見る感じなのかなと。
ちなみにパワータップを出しているサイクルオプスのパワーキャルだと心拍数が係数に入っているのにROX9.1は入っていないあたり、ちょっと興味深いです。

Expansionは前述の通りクランク一回転で進む距離を表示するというもの。
おそらくギア比、ケイデンス 、スピードの対応表を内部に持っていて、ケイデンスとスピードからギア比を割り出し、そのギア比で一回転した時に進む距離を表示しているのではないかと。想像ですが。
使いどころとしては、ギア比が視覚的にわかるので、単純にシフトインジケーターとして使ったり、アウターとインナーで重複するギア比を確認したりといった事ができそうです。

三つ目はゴーストレース。これは一番楽しそう。
過去の自分の走行データから任意の区間を選んで本体にアップロードしておくと、次に同じコースを走る時に走行データをリプレイしてバーチャルな対戦相手になってくれるというもの。

ROX9.1 GHOST RACE

こんな感じで対戦相手(過去の自分)との差が表示されます。マイナスだと先行されてるという事。これは熱くなりそう!
使いどころとしてはヒルクライムやTTの練習に取り入れてゲーム感覚で対戦するとか、本番でベストタイムのデータをペースメーカーとして使うといった感じですかね。
同じ機種を使っている人同士ならデータを交換して対戦する、なんて事もできそう。(一緒に走れよ、って話ですが)

こうして見るとなかなか面白そうな機能が増えていて、正常進化したと言えるんではないでしょうか。
値段はいくらになるんだろ・・・。

【関連記事】
SIGMA DATA CENTERを1.1から2.0にバージョンアップしてみた
シグマROX9.0 / DATA CENTER2.0 簡易マニュアル
ROX9.0で心拍ゾーン分布を見てみる
【ROX9.0】カテゴリーの記事

  1. 2011/12/10(土) 00:19:14|
  2. ROX9.0
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<軽めのサイクリング | ホーム | TOKYOエンデューロ Bay Stage 2011>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/809-17cad16d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)