タイトル

Google Mapsの渋滞情報がVICSと違う点

Google Maps 渋滞情報(丸の内)

Google Mapsで渋滞情報が表示できるようになり、話題になってますね。
渋滞情報を見るには、PCなら画面右上のレイヤーで「交通情報」にチェック、スマートフォンならマップの設定で「渋滞情報の表示」をONにすれば見られます。
見てみるとかなり細かい道までカバーしていて驚かされます。

これ、どうやって情報をとってきてるんだろうと思ったら、スマートフォンの位置情報と速度データを集めて渋滞箇所を判別しているのだそう。

交通状況がGoogle マップで見られるようになりました(Google Japan Blog)

交通状況は、スマートフォンでユーザーがMy Location (現在地)の機能を有効にしている場合にのみGoogle に送られる、匿名化された位置情報と速度データを利用して通行の状況を計算、表示しています。この大量の匿名データの処理を繰り返していくことで、さらに精度の高い交通情報を提供できるようになっていきます。また、より多くの方が参加してくださることで、交通情報の精度も高くなり、ユーザーの皆さんにより便利に使っていただけるようになります。

なるほどー。こいつはすごいな。
従来からあるVICSと決定的に違うのは、VICSが交通管制センターなどから提供される光ビーコンや車両感知器で収集したデータを元にしているのに対し、こちらは個人が持ち歩く端末の位置情報を元にしているという点。
つまり定点観測型ではなくセンサネットワーク型
しかもセンサは勝手にどんどん増えていって、より精度が高くなっていく。

そもそもどうやって渋滞と見なしているかについては、例えば「○時間以内に車道を○km/h以上の速度で移動した履歴を持つ端末が○個以上滞留している場所」といったような感じで(実際はもっと複雑だと思いますが)、データを細かく分析して割り出しているのではないかと。
この技術自体もすごいですが、それ以前にスマートフォンがこれだけ広く普及している事にまず驚いてしまいました。

ちなみにこの方式だとスマホユーザさえ集まればどんな場所でもカバーできる事になります。
例えば下のようにパーキングエリアの混雑具合とか、ショッピングモールの入庫待ち渋滞を事前にチェックするといったようなライブカメラに近い使い方もできそう。

Google Maps 渋滞情報(海ほたるPA)

また、PC版では画面左下の「変更」ボタンを押すと曜日と時間を指定でき、その時間帯の典型的な交通状況を見ることもできます。
これまた便利。

曜日・時間帯指定の渋滞予測

こうなってくると、ルート検索で渋滞回避ルートを作ってくれるようになるのも時間の問題かもしれません。
そのうち、電車の混み具合やラーメン屋の行列の長さまでわかるようになってしまうのかも・・・。

【関連記事】
Google Mapsで海外の自転車道がどれくらいあるか見てみたら半端なかった件
Google Mapsの渋滞情報で通行止めを確認する方法
Google Mapsで都道府県・市区町村の境界線が出るようになった
米Google Mapsで自転車ルート検索が可能に
Google Mapsを使った2Dドライビングシミュレータ
Google Mapsでコメント付きリンクを作成する方法
【地図・GPS】カテゴリーの記事

  1. 2011/12/13(火) 00:19:29|
  2. 地図・GPS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<カルニチン&CLAで脂肪燃焼 | ホーム | 久しぶりの富津公園周回練>>


このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2014/04/02(水) 07:29:37 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/812-388b7de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)