タイトル

Google Mapsで通行止めを見分ける方法

今日は春の嵐が吹き荒れて、都内で風速27メートル(!)とかなりの強風。
こんな日はアクアラインが止まってしまいます。(そんな頻繁にではなく、年に数回程度ですが)
自分はたまたま結婚式に呼ばれていたので昼間は都内にいて、さあ帰ろうと思ったら通行止め。

それでもバスは陸(おか)回りコースで運行しているので、アクアラインが止まっていても帰る事はできるのですが、所用時間は倍くらい。
普段なら東京駅から木更津まで35分。今日は陸回りで、渋滞も重なって90分・・・。
なかなか疲れました。

そんな事もあったので、小ネタですがGoogle Mapsで通行止めを見分ける方法。
先に言っておきますが結構わかりづらいです。

まず、Google Mapsの渋滞情報は緑(順調)、オレンジ(混雑)、赤(渋滞)、赤黒(ひどい渋滞)で色分けされています。(モバイル版は赤黒はなし)
仕組みについては以前この記事に書きました。→Google Mapsの渋滞情報がVICSと違う点

ここで、「何も色がついていない」道路があった場合、次の3つのうちどれかになります。
1.トンネルか、2.通行止めか、3.交通量が極端に少ない。
つまり、交通量のある道路でトンネルでもないのに何も色がついていなければ、通行止めの可能性が高いと言えます。

Google Maps渋滞情報(順調)

Google Maps渋滞情報(通行止め)

ま、確実なのは道路交通情報センターのサイトを見る事ですかね。
一応Google Mapsでもわかりますよという話でした。

ちなみにGoogle Mapsの渋滞情報の精度は素晴らしいです。本当に便利。
高速バスに乗りながら見てみると、渋滞の始まりと終わりが地図上の赤い線の始点・終点とぴったり一致します。
ただ、その渋滞の原因が事故なのか、工事なのか、自然渋滞なのかまではわかりません。チェーン規制、速度規制などの情報も同様。
その辺りは道路交通情報センターと組み合わせて情報収集するのが良さそうです。
【携帯・インターネット】カテゴリーの記事

  1. 2012/03/31(土) 21:45:18|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ロンド・ファン・フラーンデレン2012 ネットライブ | ホーム | ヘント~ウェヴェルヘム2012 ネットライブ>>


これは便利ですね。バスの運転手さんや乗客も慣れているせいか皆冷静で、状況が分からないのは不安になりましたが、これからは安心です。
  1. 2012/04/01(日) 06:56:33 |
  2. URL |
  3. KON #-
  4. [ 編集]

> KONさん
やっぱり情報がわからないまま渋滞の中で時間を過ごすのは不安になりますよね。
ほぼリアルタイムで状況がわかるので重宝しています。
そのうちに渋滞回避ルートを作ってくれる機能が出てきそうですね。
  1. 2012/04/01(日) 16:34:33 |
  2. URL |
  3. puyan #kY8WcqRU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/854-26f225d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)