タイトル

「Yahoo!ロコ」アプリの雨雲レーダーが便利そう

iPhoneアプリの「Yahoo!ロコ」が話題になっていたので落としてみました。
無料の地図アプリですが、ユニークな機能として「雨雲レーダー」というものがあります。(Android版は以前からあるらしい)

雨雲レーダーを有効にするには、以下の設定画面で「雨雲」をオンにすればOK。

Yahoo! ロコ iPhoneアプリ 設定画面


するとこんな感じで、地図を使いながら雨雲の状態を見る事ができます。

Yahoo! ロコ iPhoneアプリ

GPSとの連動で現在地を表示させられるので、外出先でも今いる場所の雨雲の状況を素早く確認できそう。
また、5分ごとに過去の雨雲の動きを追う事ができ、さらに1時間先までの予測図も5分ごとに見られます。これはとても便利。

そのほか、航空写真、鉄道路線(路線を強調表示)、地下街、水域図(河川を強調表示)、地形図など様々なパターンの地図に切り替え可能。
個人的には身近にある川を水源まで辿っていける水域図が楽しいです。

ただ、地図機能そのものの使い勝手で言うともう一歩かな。タッチの感度がGoogleマップ(iOS5以前)に比べてやや悪いように感じるのと、検索の精度がいまいち。自分の場合は、メインの地図アプリはGoogleマップ、雨情報を確認したい場合はYahoo!ロコ、という使い分けになりそう。

自転車で走りに行った先で雨に降られると、「少し待っていれば止むのか、それともこれからどんどん強くなるから強行突破してでも帰った方がいいのか」という判断が明暗を分ける事もあるので、精度の高い情報をとれるようにしておくのは意外と大事です。この辺は人それぞれ、愛用のツールがあると思いますが。

そもそもそんな天候が怪しい日に自転車で遠出しちゃってる時点で失敗気味という話も。。
【携帯・インターネット】カテゴリーの記事

  1. 2012/10/31(水) 06:03:43|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<100円で効果抜群。ローラー台の汗対策 | ホーム | 朝練 袖ヶ浦周回>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/926-7d5f471c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)