タイトル

自転車で左折レーンをどう走るか

こんなニュースがありました。

自転車は「車両」、交差点直進知らせる道路表示(YOMIURI ONLINE)

 自転車は「車両」であり、車道を走るべきだとする警察庁通達の実現のため、新潟市は市内の交差点で、自転車が交差点を直進して横断できる道路表示の設置実験を始めた。
(中略)
 警察庁が2011年10月に出した通達によると、自転車の車道通行の徹底などと並び、歩道と歩道をつなぐ形で設置された自転車横断帯の撤去が指示された。車道左端を通行する自転車が横断帯を通るためには、一度左折して横断帯に近づき、さらに右折して道路を横断する必要があり、自動車との巻き込み事故の原因となる恐れが指摘されていた。

これを読んで思い浮かんだのが左折レーンのやり過ごし方。
自転車で走っていて左折レーンがあると、すごく対応に困ります。
まず大前提として、「自転車は左折レーンを直進できるのか?」というのを以前調べた事がありました。

道路交通法第三十五条(指定通行区分)
車両(軽車両及び右折につき原動機付自転車が前条第五項本文の規定によることとされている交差点において左折または右折をする原動機付自転車を除く。)は、車両通行帯のもうけられた道路において、道路標識等により交差点で進行する方向に関する通行の区分が指定されているときは、前条第一項、第二項及び第四項の規定に関わらず、当該通行の区分に従い当該車両通行帯を通行しなければならない。

という事で、自転車は左折レーン左端を直進できます。
できるんですが、どう考えても車の進路と交錯するので危ない。さらに左折の青信号だけが点いている状態だと、下手な所に停まってたら追突されそうで怖い。クラクションを鳴らされる事もある。
なので人によってはレーンの右端に移動したり、隣の直進レーンに「車線変更」したり、歩道に入ってやり過ごしてから渡るなど対応がまちまちのようです。

本来どうするのが正しいんでしょうね?
正しい=安全とは限らないのかもしれませんが。

最初の記事に戻って、写真のように交差点内に自転車レーンを引くのであれば、左折レーンから優先的に引いてもらうといいかもしれない、と思いました。
左折レーンにいるドライバーは巻き込み確認をしないかもしれないし、目立つ印があれば「直進する自転車が横にいるかも・・・」という注意喚起につながると思うので。

こんな感じ?

左折レーン

ちなみにCarry-meの短い通勤ルートにも左折レーンが何箇所かあって、毎回微妙な感じになります。
極小径車でも一応軽車両なので車道走行していますが、左折レーンが少し渋滞気味になったりしていると、左右どっちから行っても危なそうな香りが。よくやるのは、左端を直進しながら右手を挙げて後方の車にアピール&お礼しつつ渡る、ですかね。

この辺りのルールが曖昧というか、そもそも自転車の安全が全く考慮されていない気がするので、インフラだけでなくルールの見直しも進む事を期待したいです。

【関連記事】
自転車の「青レーン」設置の話
自転車の歩道走行禁止のニュースについて
歩道を走る自転車の方が事故に遭いやすい
【気になるニュース】カテゴリーの記事

  1. 2012/11/20(火) 06:15:29|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<無料化したのに機能アップした「MapFan+」をインストールしてみた | ホーム | Carry-meで高速バス輪行は実際のところどうなのか>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/935-a03bff95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)