タイトル

PM2.5への備え

このニュースを見て、結構深刻だなと思ったので。

PM2.5で注意喚起の指針 環境省(NHK News WEB)

中国で深刻な大気汚染が続き、日本への影響も懸念されている問題で、環境省の専門家による検討会は、1日の汚染物質の平均濃度が健康を維持するのに望ましいとされる国の基準値の2倍を超えると予測された場合、外出を控えるよう呼びかけるなどとした指針を決めました。
(中略)
1日の平均濃度が、これまでの基準値の2倍に当たる1立方メートル当たり70マイクログラムを超えると予測された場合は、健康に影響を及ぼす可能性が高くなるとして、都道府県などが外出や屋外での長時間の激しい運動、それに部屋の換気を控えるよう注意を呼びかけるとした指針を決めました。

「屋外での長時間の激しい運動」……。
どうやら自転車で何時間もハァハァ追い込んだりしたらダメっぽいです。

最近よく耳にするPM2.5とはなんだろうと調べてみると、まずPMとはPower Meterではなく(当たり前)、Particulate Matterの略で、粒子状物質という意味。
2.5はμm(マイクロメートル)単位での数値。1μmは1000分の1mm。身近な例で言うと紙の厚さが100μmくらい、髪の毛の太さが60~80μmくらい、スギ花粉の大きさが30~40μmくらい。

PM2.5はそれらより遙かに小さい粒子のため、普通のマスクでは素通りしてしまいます。粒子が小さいことから肺の奥深くまで入りやすく、多く吸い込んでしまうと心臓病や喘息、肺ガンなどの発症につながり、死亡率が高まる事がわかっていると。怖……。

PM2.5の平均濃度が1立方メートル当たり70マイクログラムを超えた日は、ここ3年間で23日あったそうで、主に九州地方・中国地方など西日本が中心でした。
しかし、3月以降は黄砂の影響でPM2.5が飛んでくる量が増える可能性があり、東日本でも注意は必要でしょう。

PM2.5が飛んで来るタイミングはわからないけれども、黄砂に乗ってくるのであれば、黄砂予報を使ってある程度予測はできそうな気がします。

黄砂情報(予測図)(気象庁)

「表示時間」の右隣にある「>」ボタンをクリックしていくと、向こう3日間までの黄砂の予測図が表示されます。これを使ってある程度の予測は立てられそう。

例えばこんな状態の時は、お出かけとか屋外での運動はやめといた方がいいという事ですな……。

黄砂分布図(例)

そして、黄砂が年間を通じて最も多く観測されるのは3月から5月。
つまり、これからがピーク、なんですよ……。

黄砂の多い月
過去30年の月別黄砂観測日数平均値(気象庁サイトより)

ただ、黄砂が来たからといって必ずしも汚染物質がそれに乗ってくるという訳ではなく、あくまで可能性が高まるという話のようです。あとは国内から発生する事もあり、その場合は黄砂関係なし。
現在は各自治体で汚染物質の濃度をモニタリングし、環境省の基準に沿って公開しているでしょうから、短期的な予測は黄砂情報で、リアルタイムな情報は各自治体の速報値で、という感じで併用すれば良いのかな。

ざっくりまとめるとこんな感じですかね。

・ PM2.5は黄砂に乗って飛んで来る可能性が高い
・ 黄砂は毎年3月~5月に最も多く観測される
・ 外出については、気象庁の黄砂情報や各自治体の大気汚染速報を見て判断する
・ PM2.5濃度が70マイクロメートル以上の日は屋外での激しい運動は控える
・ 子供はなるべく外に出さない


これからの季節は過ごしやすく、自転車乗りにとっても一年で最も気持ちよく乗れる時期でもあるのに、こんな事に気を揉まないといけないのは残念です。
イベントとかへの影響も出てくるかもしれません。
こんな時こそローラー台が活躍?しても、あんまり嬉しくはないなあ。
【気になるニュース】カテゴリーの記事

  1. 2013/02/28(木) 06:47:35|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Kindle paperwhite 3Gを3ヶ月使ってみて | ホーム | 2/23 FUNAさん練>>


怖いですよね・・・・。中国の国民は、この事を理解されてない方が多いとききます。無知ほど怖いものはありませんからね・・・・。

公害を振りまいているのにも関わらず、このことを政府が迅速に動いてる気配も無く、工場などの施設側の方達も特に改善しようとの動きもみえませんしね・・・。

悲しいかな、こういったお国柄?だから「そーいう国」として見られてしまうのかもしれませんね。

発がん性の高い有害物質を含んだ地下水を飲用するなどしてがん患者が多発する「癌症村」が国内で200カ所以上に達すると伝えた。などの記事もありますしね・・・。きっと、この国はそれでも国が補償して救済策を提案などしないのでしょう。

こうなったら、SF映画みたいにバリアを開発!?もしくは魔法で結界でもつくりましょうw
  1. 2013/03/01(金) 22:37:28 |
  2. URL |
  3. ラガー豚 #-
  4. [ 編集]

本当に厄介な事ですね。
書かれているように、大気だけでなく水も相当汚染されていて、ほとんど野放し状態のようですし……。
特に小さい子供は影響を受けやすいので心配。
皆が防塵マスクをつけて外出する事にならないよう願いたいですね。

  1. 2013/03/02(土) 00:10:28 |
  2. URL |
  3. puyan #kY8WcqRU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/969-e64dc8b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)