タイトル

使っていないiPhoneを監視カメラにできるアプリ、「ネットワークカメラHDライト」を入れてみた [追記あり]

機種変してからずっと放置されている古いiPhoneを監視カメラみたいに使えないかなーと思っていたら、意外と簡単にできてしまったのでメモ。

今回は、使っていないiPhone 3GSを監視カメラに、現役のiPhone 4Sをビューワとして設定してみました。当然の事ながらWi-Fi環境は必須です。
以下、ざっくり手順の説明を。

まずAppleストアから「ネットワークカメラHDライト」をインストール。(無料)
これを古いiPhoneと現役で使っているiPhoneの両方に入れます。

先に古いiPhoneの方でアプリを起動。

ネットワークカメラHD LITE

こんな画面が出るので、「Camera」をタップ。
するとカメラモードになるので、監視したい場所に適当にセットします。

今回は赤ちゃんの見守り用として使えないか試すため、お昼寝どきを狙ってコンビラックを見下ろせる位置にセット。

iPhone 3GSをカメラモードで設置

これでカメラ側の準備は完了。

次に現役iPhoneの方でアプリを起動し、こちらは「Viewer」をタップします。
すると先ほどカメラモードで起動した古いiPhoneが出てくるので、これをタップ。

以下のようになるので、少し待つと……

ネットワークカメラHD LITE 接続中

バッチリ映りました!

ネットワークカメラHD LITE 監視中

画質は若干悪いですが、細かい動きもほぼリアルタイムで確認できます。
設定も何もなく、ただ起動するだけなので非常に簡単。

さらに、大きな音が一定時間続くとアラートを上げる機能もあり。

ネットワークカメラHD LITE 騒音検知

この機能がよくできていて、ビューワ側でアプリを閉じていてもちゃんとホーム画面上にアラートが表示されます。

ちなみに、無料版だとビューワモードは連続1分まで、と書いてあったのですが、なぜか1分超えても使用できました。なんでだろ。
有料版(450円)だと時間制限なしで、インターネット経由で映像を確認したり、最大4人までの多重接続ができたりするようです。

使ってみた感想は、とにかくわかりやすいのがGood。
使いそうで使われない古いiPhoneを活用できて、アイデア次第で色んな使い方がありそうなので面白いんじゃないかなと。(悪用厳禁ですが)

気になった点は、当然といえば当然ですがカメラ側のバッテリーの消耗が激しい事。設置場所が決まっているなら常時電源につないでおくと良いかも。

[2013.5.15追記]
その後のアップデートで、やはり無料版の「LITE」だと時間制限がつくようになってしまいました。ビューワを1分使うと、その後30秒待たなければ再接続できません。
ちなみに、Appストアを見ると450円の「PRO」の他に、無印のスタンダード版が250円で売られています。PROとスタンダードの違いがよくわからなかったのですが、WeclayのFAQに説明がありました。

両者の違いは最初からインターネット接続をサポートしているか否かだけです。スタンダード版は初期状態ではサポートされていませんが、アプリ内からインターネット接続機能を追加購入する事もでき、追加購入すればPROと同等になります。
Wi-Fi接続であれば両者の機能に差はありません。なのでインターネット接続が不要で、時間制限だけなくしたいという人はスタンダード版を買うのが良いでしょう。
【携帯・インターネット】カテゴリーの記事

  1. 2013/03/14(木) 06:20:53|
  2. 携帯・インターネット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3/16 N原さん練 | ホーム | MAPテスト→花粉症でダウン>>


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://puyan77.blog102.fc2.com/tb.php/976-6c9e4d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)