タイトル

10人で中袖耐久走10周

三連休初日の土曜おはサイ。台風が近づいてきているけど、ギリギリ降り出す前に走れそう。
今週はいつもの集合場所で氣志團万博という野外フェスをやっていて、毎年のことだけどその一帯が立入禁止になってしまうので、少し場所をずらして中袖周回をひたすら10周(約50km)走るというメニューに変更。
一人じゃ絶対やらないけど大人数なら楽しいかもしれない。

家を出る時に綺麗な朝焼けが。

朝焼け

4~5人は来てくれるかなあと期待しながら現地に向かっていると、

パシュシュシュシュシュ!

シュゥ~~~~~~~~


またパンクかよ……orz
確認してみたら、以前のパンクで前輪に空いた小さい穴を裏側から適当にガムテープで補修していたのだけど、そこにまた何か刺さって貫通したっぽい。
帰ったらちゃんと補修しないとダメだな。

MIKさんに「パンクで遅れるので先に始めててください」とメッセージを送ってからチューブ交換し、推定6気圧くらいまで頑張って空気入れて出発。腕がオールアウトした(笑)

中袖に向かう途中、同じ方向にソロで走られているロードの方がいたのでマイルドに勧誘したりしつつ(1周で帰られるとのことでご一緒はできませんでしたが)、中袖に到着。
集団を待っていると……うわ、なんか予想より多い。8人?
とりあえず列車に飛び乗る。

中袖耐久走

聞いたら既に2周目を終えるところらしく、Uターンで「あと8周~」とアナウンス。バンクの練習みたいにラップコールしていかないと絶対わかんなくなりそうだと思ったので。
前半は楽なペースだったけど、途中で師匠から「復路はもう少し上げようか?」と提案があり、42km/h前後に。

どうも今日は調子が良くない気がする。長く牽けないし、先頭を牽き終わった後の回復も遅い。
おはサイ3連チャンだから疲れてるのかな。

残り4周、3周とラップを刻んでいき、一人一人が牽く時間も短くなっていく。
確かこの辺でhydekazoosさんが合流して10人に。重役出勤!(笑)
それにしても、これだけ同じところをぐるぐる回ってると飽きそうなんだけど、集団だと全然飽きずに集中して走れるな。

事前告知もしておいたけどラスト1周の復路はフリーでと伝え、最後のUターン。
アタックする余裕はなく、誰か行くかなと思ったけど誰も行かず。
全体的にじわっとペースが上がったところで、まだゴールまで結構距離あるのに先頭にいたヒデさんが突然もがき出して慌てる。ここからいくか!

自分は2番手にいたので必死に着いていって、ヒデさんがかなり牽いてから外れたのが500メートル手前。そこから最後までもがき切れれば良かったけど、直感的に無理と悟り(笑)、少しの間牽いて左に外れる。
集団2番手からMIKさんが加速していったのに食らいつき、しかしラストは流している感じだったので前に出てゴール。

今思えば遅刻で周回数少ないんだから捨て身のリードアウトをすべきだった。調子の悪さから弱気の走りになってしまった。(いつもか)
ラストの1分10秒が400Wで47.4km/h。全体だと1時間3分を193Wで39.3km/h。いつもと違い直線往復コースのためか平均速度も高め。
というかやっぱりちゃんと10周走りたかったな。パンクが悔やまれる。
よし、また今度やろう(笑)

ご参加いただきありがとうございました。

走行距離:65.8km
走行時間:2時間5分4秒
平均時速:31.6km/h
平均心拍:145bpm
平均ケイデンス:82rpm
消費エネルギー:1063kJ
AP/NP/IF/TSS:141W/182W/0.713/117


  1. 2017/09/19(火) 12:55:27|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金曜、大盛況(当社比)のイオンモールおはサイ

旅行から日常モードへ戻ったものの、木曜のおはサイはどうにも身体が動かず。
再び気合いを入れてもらうべく金曜イオンモール練へ。

先週あたりから何となく体感パワーとログのパワーがずれてるというか、こんなに低いの?というくらい低い。
もしかして電池交換してからキャリブレーションしてなかったせいで下振れしている?

思い過ごしかもしれないけど、念のためと思って周回コースに着いてから一旦停まり、edge520のセンサーメニューからパワーメーターのキャリブレーション(ゼロ点校正)をする。
久しぶりだったのでこのメニューを見つけるのに結構時間かかってしまった(笑)

走り始めるとすぐに後ろから師匠が来て、1周雑談しつつ流してからペース走開始。
もうちょっと人増えないかなと思っていたら、F谷君、konさん、ゆりさんが合流し、その後taoさん、W辺さんも合流してあっという間に7人に。
盛り上がって参りました~。

ペースは38km/hくらいからじわじわ上がっていき、後半は40km/hオーバー。風は東から強めに吹いていて1コーナー曲がった後が辛い。
久しぶりに参加のゆりさんはいつものように普通に着いてくる。

ラスト1周に入り、先頭が回ってきたので集団を引き連れながらじわじわ48km/hまで加速。
限界近くまで牽いて下がる。2~3人が牽く間に後ろで脚を溜められればチャンスありか……と思ってた矢先にF谷君がアタック。(ぎゃー)
ない力を振り絞って反応するが、ズルズル後退。(南無~)

結局10メートルくらいの差をつけられてゴール。
タレる前までの1分54秒が403Wと悪くない。あとは最後に着いていけたらねー(笑)
富士チャレ100km2位の人に完全にやられたけど楽しかった!朝から出し切れて満足。
ありがとうございました。

周回中のログ↓

9/15おはサイログ

さて、週末は台風が来る前に乗れるかな……。

走行距離:38.2km
走行時間:1時間17分23秒
平均時速:29.7km/h
平均心拍:138bpm ←久しぶりに心拍データがとれた
平均ケイデンス:81rpm
消費エネルギー:654kJ
AP/NP/IF/TSS:141W/188W/0.736/82


  1. 2017/09/15(金) 18:59:17|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金曜、5人でイオンモールおはサイ

5:15起床。路面はウエットだけど雨は降ってない。さくっと準備して金曜恒例のイオンモール練へ。
それにしても最近微妙な天気が続くなあ。

周回コースに着いてすぐI橋さんと合流。パワーメーターの話題からペダリングの左右バランスの話になり、「Vectorついてるから乗ってみる?」と。えっいいんですか!
偶然にもペダルがLOOKでポジションもほぼ同じ。いつか左右バランスを測ってみたいと思っていたけど、いきなりその機会が来るとは。ちょっと待って心の準備が……(笑)

早速自転車を交換させてもらい、ペダルを回しながらメーターを覗き込む。結構変動が激しいけど「47:53」くらいの状態が多く、右が強いらしい。
そこからちょっと強めに踏み込んでいくと50:50に近づいていく感じ。(それでもぴったり半々にはならず、どっちかには振れる)
左の方が強いと思っていたので意外だったな。

本当のバランスは長時間乗って平均を出さないとわからないので何とも言えないけど、短時間で見た限りではそれほど大きく偏ってはいないようだったので少し安心。
貸していただきありがとうございました。

そんなことをやっている間にお久しぶりのF谷君とW辺さん、その後師匠も合流して5人に。いつものペース走スタート。
師匠、もう3週連続参加ですので、レギュラーメンバーとしてよろしくお願いします<(_ _)>

先週に続いて最初から40km/hペース。
加えて路面状況が悪く、特に信号の交差点を曲がる時にツルッといきそうで恐い。慎重に曲がると車間を埋めるダッシュをしなければならず、その都度インターバルがかかるという、なかなかに厳しいコンディション。

ラスト1周は先頭で入ったので、じわじわ48km/hまで加速。39秒455W。
後ろに下がって息を整え(整わないが)、最後の直線は師匠-W辺さん-自分という並びからスプリントして、勢いはなかったけど先着。ラスト2分が392W。
中盤もいい強度を保って、最後はしっかり出し切れたので良かった。
ありがとうございました。

今日のログはこんな感じ。

9/8おはサイログ

明日から待ちに待った旅行へ。ここのところ週末はずっと忙しかったから羽を伸ばそう。
旅行で太るのはもう仕方ない。←諦めの境地

走行距離:36.2km
走行時間:1時間16分6秒
平均時速:28.6km/h
平均心拍:不明
平均ケイデンス:80rpm
消費エネルギー:635kJ
AP/NP/IF/TSS:139W/185W/0.726/83


  1. 2017/09/08(金) 18:33:55|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボッチおはサイとZwiftカスタムワークアウト

9/5おはサイ

火曜日、先週末の(自転車以外の)疲れはまだ抜け切れてないけど、いくらか乗る元気は出てきたのでおはサイへ。
前日の雨でウエット路面を覚悟していたら、意外と大丈夫。
とりあえず誰か来るまでインターバルをやろう。

1本目は軽めに、と思ったけど追い風に乗ってスピードが出る。

1本目: 266W / 3:02 / 101rpm / 42.1km/h

2本目はもう少し上げて。

2本目: 272W / 2:58 / 98rpm / 43.1km/h

ラストの3本目は出し切るつもりで。

3本目: 319W / 2:50 / 96rpm / 45.1km/h

キツイ。
3本で脚が終わり、帰りはポタリングペース。
結局誰も来なかったけど、単独にしてはしっかり乗れたかな。

翌日の水曜は雨。Zwiftの準備をしようとしたら、5:30とかいう時間なのに上の子が起きてきてしまう。(えー)
こんな時間に起きたら保育園で寝落ちしちゃうぞといろいろ説得を試みるも、妙なハイテンションのためか全然聞かない。
どうにかこうにか寝室に誘導して、気づいたら6:30。あらーもう時間ないじゃん!

しかし、こんな時のために30分以内で終わるカスタムワークアウトを10個以上作っておいたのである(フッハッハ)。
速攻でZwiftの準備。
短時間でスパッと終わるディセンディングインターバルにしよう。

5分アップ、4分280W、3分150W、3分300W、2分150W、2分330W、1分150W、1分360W、5分ダウン。これでたったの26分。

カスタムワークアウト

……なんか自分で作っといてキツイな。
これのもっとスペシャルなバージョンもあるんだけど、お蔵入りになりそう(笑)
ただ、一度作ってしまえば強度は後から簡単に調整できるので、その点ではZwiftのカスタムワークアウトは使い勝手が良い。さらにソフトウェア上でシェアできる仕組みがあると面白いのだけど。

ひとまず短時間でも乗れて良かった。

  1. 2017/09/07(木) 12:55:34|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土曜、TTバイクに必死に着いていく練(2)

土曜おはサイの開催予定はGoogleカレンダーで参加メンバーと共有していて、だいたい数日前にはアップしているのだけど、今回は大型の台風15号が接近中ということでお天気が読めない。
雨予報だったので一旦は「中止」と書いたものの、他の予報では曇りだったりして判断つかないので、消して当日の朝決めることに。

翌朝、今にも降りそうなお天気。念のため雨雲レーダー予測を見てみると、なんか巨大な雨雲が内房をかすめるように北上してる。これはギリギリいけるか?でも1時間後には思いっきり降られそうにも見えるな……。
迷った末、「一応開催しますが本降りになったら中止」と書いて、レインウェアを着込んで出発。

果たして、集まったのはMIKさんと自分の二人(笑)
このお天気じゃ仕方ないかー。
MIKさんは今週もTTバイク。翌日のJBCFタイムトライアルチャンピオンシップ前の流しとのことで、それなら着いていくのは何とかなるかなと二人で3周を走ることに。

スタートしてすぐ40km/hオーバー。
甘かった(笑)

TTバイクの後ろは風が抜けるのでドラフティング効果が薄い。なので自分も最大限姿勢を低くして、エアロフォームを崩さないように走る。
それでも中袖往路の強烈な向かい風区間は後ろにいるのに270Wとか出ていて、普通に着いていくだけで辛い。向かい風と追い風とで感じられる風圧の差がノーマルバイク比で段違いな気がする。

結局ほとんどの区間をMIKさんに牽いてもらい(すいません)、自分はペースを維持できる時間だけ牽いたら下がるという感じ。ログを見るとだいたい1分半で300W前後。
3周目の中袖往路をどうにか耐え、復路はじわじわとペースが上がって49km/h巡航。景色の流れ方が自転車じゃなくてもうクルマ(笑)

最後の直線は事前予告ありのペースアップに必死で着いていってゴール。
ハァハァ……何とか遅れずに着いていけた。
集団とはまた違う負荷のかかり方で、いつもと違うゾーンを刺激できた気がする。いい練習になったなー。
心配していた雨にもほとんど降られなかったし。

9/2おはサイログ

1時間20分22秒で206W。

ちなみに、周回中に自分のペダリングを見てもらったところ、「右足デッドリフト型、左足スクワット型」との判定をいただきました。希少種らしいです(笑)
珍しい例としてバイシクルクラブに載るかもしれません(載らない)。
しかし正直自分では全然違いがわからない。左右バランスも、計測したことはないけどだいぶ偏ってるのかもしれないな。

そして迎えた週末は実家の大仕事をどうにかこなし、一番大きなヤマは越えた感じ。
まだしばらく続きはあるけど、ひとまずほっとしました。

走行距離:64.3km(周回練49.9km)
走行時間:1時間59分25秒(1時間20分22秒)
平均時速:32.3km/h(37.3km/h)
平均心拍:不明
平均ケイデンス:84rpm(90rpm)
消費エネルギー:1257kJ
AP/NP/IF/TSS:175W/199W/0.779/131


  1. 2017/09/05(火) 12:57:20|
  2. 走った記録
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
| ホーム |
前のページ 次のページ