タイトル

ジロの暫定出走リスト

ISHIBASHI

2015ジロの暫定出走リストを見ると、NIPPO・ヴィーニファンティーニ・デローザから石橋学選手が出走するようですね。
石橋選手はU23のタイムトライアル現日本チャンピオン。
個人的には山本元喜選手が気になっていたのですが、今回は選に漏れてしまったようです。

GIRO D'ITALIA RIDER LIST ※PDFファイル

若手選手にトップカテゴリーのレース経験を多く積ませる、というチームの方針に沿ったものとはいえ、グランツールに別府・新城・土井選手「以外」の日本人選手が出るというのは長らくなかった事なので、やはりこれは嬉しいニュース。
ここから世界で戦える次世代の選手たちが育っていくかもしれませんね。

  1. 2015/04/30(木) 06:22:54|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中央環状品川線開通の効果を体感した

一週間ほど前に首都高の中央環状品川線(大橋JCT~大井JCT間)が開通しましたが、

首都高、首都圏3環状の最初の環となる中央環状品川線の開通式(Car Watch)

この効果を早速体感できたので思わずエントリー。

開通したのは下の黄色く塗った部分です。

中央環状線

自分は毎日高速バスでアクアライン方面から東京駅まで通勤しています。しかし、上のピンクで塗ったあたり(大井~浜崎橋JCTまで)の区間は慢性的な渋滞がひどい。
ここって、1号羽田線と11号台場線との合流と、その後新宿方面に行く車と銀座方面に行く車とで動線が絡み合うので、渋滞のボトルネックになっていました。
渋滞がなければ40分足らずで着くところを、15~20分、ひどい時はそれ以上余計に時間がかかっていて、どうしようもない状態。

それが、それがですよ。中央環状品川線が開通してから、まったく渋滞がなくなりました。
気持ち悪いくらいにスムーズに流れる。
今週の木曜日は用事のため午後から出社したのですが、それですら渋滞してませんでした。以前なら考えられない。

リンク先の記事によると、

都心環状線には、1日約40万台の車両が入ってくるが、その6割が都心に用事がなく通過するだけの車両だ。今回の開通で都心環状線の交通量は5%減る見込み。この5%により、中央環状線内側の混雑量を約40%減少させる大きな効果がある。

との事。
この工事が終われば渋滞減るかもなーと思って待ち遠しく思っていたのですが、予想以上に効果があって驚きました。
それに加えて、湾岸線から関越道へのアクセスも良くなり、C1を経由せず大井JCTから板橋JCTまで行けてしまう。これまた渋滞にはまる事なく大幅な時間短縮になります。
うーん素晴らしい。

ただ、全長18kmという日本最長トンネルなので、走っていて楽しいかどうかは……どうでしょう。

  1. 2015/03/15(日) 08:05:47|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エリート ARION/ARION MAGが自主回収へ

ARION/ARIONマグ 対策済み製品

【重要なお知らせ】 エリート 3本ローラー 「ARION(アリオン)」「ARION MAG(アリオンマグ)」自主回収・無償交換のお知らせ(カワシマサイクルサプライ)

というアナウンスを見て、自分もARION AL13を使っているのでドキッとしましたが、幸いAL13は対象外のようでした。

ELITE 社「ARION(アリオン)」、「ARION MAG(アリオンマグ)」ローラーにおいて、特定の時期に生産された製品で製造工程に問題があり、回転するローラー部品に亀裂が発生、破損する恐れがある事が判明いたしました。

との事。
ただし全てのモデルが対象という訳ではなく、2013 年1月以降に購入したモデルで「製造ロット番号」が「05/13」 ~「41/13」 に合致するもの、またはローラーに対策済みのリブがないものが対象だそうです。
どれくらいの数になるんだろう。

何はなくとも早めに良品と交換してもらうのが良いでしょう。

  1. 2015/01/22(木) 23:47:06|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Stages Powerの国内販売開始

Stages Power


これまで海外通販でも日本へは発送してくれなかったStages Powerがついに国内販売されるようで、代理店はインターマックスだそうです。
インターマックスのサイトを見てみると、確かに取り扱いブランド一覧にSTAGES CYCLINGが。詳細は準備中のようですが。

既に価格を公開している販売店もあり、どうやらこんな感じらしい。
※左クランクのみの価格

デュラエース(9000/7900) 99,000円
アルテグラ(6800/6700) 89,000円
105(5800/5700) 79,000円
FSA BB30/BB386EVO 79,000円


これはかなり頑張っているのでは?正直、もっと高くなると思ってました。
最上位グレードでもVector SJより安い。片足計測なので精度に難が……という声もありますが、出力が高くなれば自然と均等に近づくはずだし、逆に流している時なら(パワートレーニングする上では)多少ずれたところで大した影響はない。

仮に使用者の左右バランスに差があったとしても、その偏りがある日極端に反転するような事がない限りは、相対的な変動を見る効果測定に十分使えるのではと個人的には思っています。(そういう検証をした上で販売しているのだろうし)
何よりチームスカイもSRMからStagesに乗り換えて使い続けているという事実がある。

これはついにパワータップから乗り換えの本命になるか?
選択肢が増えてきて嬉しい反面、悩ましいです。

【関連記事】
気になるパワーメーター「StageONE」

  1. 2014/12/20(土) 18:03:55|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

3本ローラーが乗り難い理由

この3本ローラーというか4本ローラー?がちょっと気になる。

GT-Roller FREEDOM 説明追加(GROWTAC)

このローラー自体の機構もアイデアが詰まっていてすごいのですが、説明の図の左側にある「3本ローラーが乗り難い理由」を読むと、なぜ3本が不安定なのかがわかりやすく書かれていて興味深いです。

確かにハンドルが軽く切れてしまう上に、ハンドルを切るほどにより切れ込もうとする力が働くような感覚があります。
そういった不安定さを解消して、誰でもすぐ乗れるようにしたのがこの製品。
まだ試作段階のようですが、どんなもんか一度乗ってみたい。

ただ、別の見方をするとこの3本ローラーの乗りにくさというのは「飽きにくさ」にもつながっている気がします。
確かに最初は苦労しますが、一旦乗れるようになってしまえば、あとはただひたすら細かくバランスを取るという「作業」に没頭できる。簡単すぎず、かといって神経をすり減らすほどでもない丁度良い難易度だから、飽きないし長時間続けられる。

これがもっと簡単になったら、感覚的にはむしろ固定式に近くなってしまうのではないか?などと考えてしまいます。
いや、でも実際乗ったら楽しいのかもしれない。前輪をリフトアップできてヒルクライムの練習ができるというのもユニーク。

  1. 2014/11/07(金) 00:18:03|
  2. 気になるニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
| ホーム |
前のページ 次のページ